自己評価は適正ですか?

林田です。

 

昨日は午後から時間があったので、
起業当初に書いていた日記ノートを
見直していました。

「やりたい事リスト」とか、
目標とか。

 

 

当時はがっちり書いていました。

そして、やはり書いた事は叶っているな、
そう感じました。

 

今は手間ひまを省こうと、
ノートではなくパソコンで日記を
付けています。

 

でもやはり、
手書きの方が自分への刷り込みが
強くなりますね。

手書き日記に戻す事にしました。

 

 

 

そんな日記に、
自分は「誰に」「何を」どうしたいのか?

そんな事が書かれてありました。

 

今でも一貫して思うのが、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目の前の方の可能性を本人以上に信じ、
その方が持っている力を最大限引き出す
世界一の伴走者になる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という事です。

 

 

 

僕がこの仕事を通して思うのが、

「自分の力を過小評価している」
人が多いという事です。

 

何かしらの理由で自分に制限を
掛けてしまっている事にさえ
気づいていない、そんな状況です。

 

 

 

「伴走者」は、
時には知識提供もあれば、
心的支援もあるし、
時には鼓舞することもある。

でも、先生ではない。

 

目の前の方の状況に応じて、
自分の振る舞いを常に変化させる必要が
あります。

 

完璧に出来ているとは思ってませんが、
常にそういう状態を目指してます。

 

 

 

 

何が言いたいのかよく分からなく
なりましたが、

「自分がどうしたいのか?」を
明確にする事はホントに大切ですね。

 

と同時に、
自分で自分の力を、何かしらの理由で
過小評価し過ぎている所は絶対あります。

 

 

 

商売をしている限りは、
常に成長を目指したいものです。

 

 

まだまだやれるはず!

毎日、自分にそう言い聞かせてくださいね。

 




無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です