鳥の目、虫の目、魚の目

 

———————————————————————–

今のリソース(資源)だけで成果が飛躍。
あなたが主役として活躍し続ける伴走型の
コンサルタント

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

「問題の所在地」
を見つける考え方についての話です。

 

大抵の場合、
この3つのかけ合わせをすれば
問題の所在地が見つかります。

 

 

 

僕がコンサルティングを開始した
1年目は、

いわゆる「虫の目」でしか物事を
見ていませんでした。
(という事さえに気付かずでした)

 

虫の目とは、ざっくりいうと
細かなところ、具体的なところです。

 

具体的な所とは、
いわば枝葉の所とも言えます。

具体的な所を見ること自体、
悪い事でもありませんし、
具体的な所に問題が存在している事は
あります。

 

 

 

そして2つ目が、「鳥の目」です。
(別に順番はないですけどね。。。)

鳥の目とは、
いわゆる俯瞰してものごと全体を
捉える目、って事です。

 

そもそも論とも言います。

 

根本目的とやっている事のズレを
修正する事が出来るのが鳥の目です。

 

 

 

そして、3つ目の「魚の目」。

カンタンに言いますと、

「物事の流れから見るチカラ」

という感じです。

 

一般的には、潮流を見るという
言い方をされますが、それも含めて

・今/未来のどちらを修正したいのか?
・目指す未来と今とのギャップ
・過去の経験からくる価値観

などなど、です。

 

 

 

問題の所在って、

●決して枝葉だけにある訳じゃなく、
●そもそも論だけにある訳じゃなく、
●起きている事実にある訳じゃない

コンサルタントという仕事で
これらの事を学ばせてもらってます。

 

 

言い換えると、問題というのは

・抽象度と具体のどこかの位置
・過去か現在か未来のどこか
・事実と解釈のどちらか
・意図や価値観などのどこか
・修正、維持のどちらを望むのか

これらのどこかにあるなと思います。

 

なので、

「●●したいんです」

という言葉だけにつられちゃうと、
物事の本質が分からなくなります。

 

 

 

物事をどの様な視点から捉えるか。

協働によるものの場合は、
相手がどの様な角度から見ているか。

 

 

問題というのは、

「私たちが考える問題」じゃなく、

「相手の頭の中」にあります。

 

 

相手と同じ目線、角度から
問題を見るチカラは大切ですね。

 

 

というお話でした。

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です