コロナ禍でも成果を出し続ける人たち

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

僕の周りには、こんなご時世の中でも
イイ感じにビジネスでの成果を
出されている方々がおられます。

 

そんな方々の共通点をあらためて
整理してみましたので、
シェアしたいと思います。

 

 

分かりやすくひと言で言いますと、

「有料サービスにいたるまでの
手間ヒマ、時間をかけている」

って事かな、と。

 

もうチョイ深く言いますと、

「『今まで以上』に、
時間や労力を惜しまず使ってる」

って感じです。

 

 

最近はメルマガやブログ、SNSで
情報発信している人たちは以前より
多くなってきてます。

 

いわば、これらの行動というのは
価値が一般化してるって事じゃないかと
思います。

一般化された価値は、
いわば選ばれる理由にはなりません。

 

 

そして成果を出されている人たちは
選ばれるべくして選ばれています。

それ相応の事前価値提供というモノを
やっておられます。

 

そしてそれらの行動というのは、
オンラインだけではなく、
オフライン的な活動も含めてです。

 

 

withコロナにより、
この様に対応を変化された事が
今でも結果を出し続けているという
成果に結びついているのでしょう。

 

 

 

成果を出されている人たちは、
「微調整」を欠かす事がありません。

そして、信頼を勝ち取っています。

 

今、色々とやっている事があるかも
しれませんが、

今思う様に成果が出ていないのなら、
有料サービスに至るまでの助走の長さが
適切じゃないのかもしれません。

 

 

望む成果が出ている状態なら、
その直接的理由と間接的理由を
かみ砕いて言語化する事が大切ですし、

望む成果が出ていないなら、
ノウハウや小手先テクニックよりも
自分の行動以前に、考え方に疑いを
かけることが大切だと思います。

 

原因を外側に求めるのではなく、
自分の内面と答え合わせしたいですね。

 

 

という事で今週の最後の平日も
やりきりましょう。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です