本命商品はいつも「仮商品」

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

今週もいろいろな方と
お話をしました。

 

その中で何度か出てきたのは、

「価格設定」

についてのお話です。

 

僕のメルマガをご覧頂いている方は
きっと何かしらの専門分野の領域で
ビジネスされている方だと思います。

 

バックエンド商品と言われる、
いわゆる、本命の商品/サービス。

コレはいつまでも固定価格の
ままでは、僕はいけないと思ってます。

 

というのも、
私たちは常にサービスレベルを
上げていく事を考えていると思います。

 

新たなコンテンツがなくても、
提供レベルは経験と共に上がります。

 

にもかかわらず、
価格が同じ状態のままでは
少し問題が起こります。

 

 

どういう問題かというと、、、

「成長が鈍化する」

ってことです。

 

 

価格は、
いわば私たちの決意の表れです。

その価格とともに、
お客さんにもコミットして頂き、
お互い高い温度で何かを構築する。

それが本命商品/サービスという
モノだと思います。

 

 

「価格が固定のまま
=サービスレベルが変わらない」

こういう事も起こりかねます。

 

 

 

私たちが提供しているものは、

「常にモニター価格」

という感覚でもいいんじゃないかと
僕は思います。

 

 

今設定している価格は、仮。

サービスも、仮。

将来もっとサービス提供力を上げ、
更なる満足を提供できる様になる。

そして、価格も見直す。

 

こういった事を忘れては、
自分だけじゃなくお客さんも
成長しなくなります。

 

 

 

今の行動も、考え方も、価格も、
全部、仮のテスト。

本番ではありません。

 

 

テストなので、
たくさん失敗しますし、
失敗しなければテストには
なりません。

 

 

練習で思い切りやらない人は
うまくなりませんし、

全力でテストに取り組むことで
次の道が拓けると思います。

 

 

というお話でした。

 

 

追伸:

【成果が出ない時の7つの共通点とは?】

http://ltv-design.com/report

 

【コンサルタントの方はコチラ】
集客地獄から解放されたい方向け

https://ltv-design.com/lp/consul/

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です