顧客の変化を理解しているか?

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

外出自粛の期間ですが、
僕はとにかく多くの人と
お話をする機会を設けています。

今回の騒動で、
未経験の体験をされている方が
ほとんどだと思います。

 

 

色んな方とのお話の中で
特に感じるのは、価値観の変化です。

まあ、変化と言いますか、
優先順位が入れ替わったという方が
適切かもしれません。

 

 

今までであれば収入を上げる事を
一番の軸に置いていた人が
家族との時間を最優先として
考えるようになった方とか。

ほかにも、
顧客数よりも顧客との関係性の深さを
最優先に考えるようになった方も。

仕事を変えようとしている方も
います。

 

などなど、特にこの1,2カ月で
自分の働き方を根本から
見直そうと思ってる方もいます。

 

 

 

私たち提供側がまずやることって、
対象の方を理解する事だと思います。

理解するためには、対象の方の

・現状
・最近の出来事
・観念の変化等
・何に違和感を覚えるか

 

などなどから、全体を通しての

『「今」考える、理想の未来像』

を立体的に知る事だと思います。

 

 

1カ月もすれば人の考えは
大きく変わります。

この様な状況であればなおさらです。

知ったつもりになってるか、
もっと深く知ろうとするか。

自分次第ですね。

 

自分の行動がボヤけている時は、
相手の事を十分理解してない事が
比較的多いように思います。

 

 

今、売り方を考えるより、
まずは相手を知ること。

相手を知る機会をつくること。
コレが根本だと思います。

 

 

1カ月以上話をしていない
お客さんがいるなら、
少し時間を取って話してみては
いかがでしょうか。

きっと、新たな気づきがあると
思いますし、ヒントをもらえます。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です