あなたは何屋さん?

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

先週末からビジネス塾に通っています。

再受講です。

 

 

 

周りにある学びの機会は、
ハッキリ言って全部美味しそうに
見えます。

 

 

が、
ココで自分に今必要なモノは何か。

 

と考えると、

本当は美味しそうに見える新しい学びより
今までの学びを深掘りする方が自分には
大切だと再認識できた金曜日でした。

 

 

 

「新たな枝」という、
薄く新しい学びより、

学びを深める事。

 

 

 

やはり復習は本当に大切だなと
思います。

 

 


 

 

【あなたは何屋さん?】

 

 

「betterはbestの最大の敵だ」

 

誰の言葉だったか忘れましたが
この様な言葉を以前のメルマガでも
ご紹介させて頂いたと思います。

 

 

 

自分の専門分野は既にある程度ある。

 

「でも、コレも学んでおいた方が…」

「コレも学べば自分の仕事の幅が増える」

 

僕もこの様に考える事もありますが、
最終的には、この様な

「自分の枝を増やす」

と言う様な学びはしない事にしています。

 

 

 

 

すごいシュートも打てて、
得点も量産出来て、

ゲームメークも出来て、
ディフェンス能力も強い。

 

サッカーではこんな選手はいません。

 

 

プロのレベルになっても
万能選手は存在しないのです。

 

 

全ての分野、
特に自分の専門分野において
極みの所まで行ったのなら、

他の分野を学んでも良いかもしれません。

 

 

 

でも、まだ自分の専門分野を
極めるに至っていないのなら、

まずは自分の専門分野の点数を高くする
事が大切ではないでしょうか。

 

 

 

「あなたはどんな事してるんですか?」

と言う質問に対し、

「〇〇はメインでやってるのですが、
 他にも△△と××と、、、やってます」

 

もし、この様に回答されたなら、
△△と××に対してあなたはどこまで
興味を持つでしょうか。

 

 

 

それよりも、

「私は〇〇の専門家ですが、
 その中でも特に★★と言う事を
 やっています」

 

 

自分は何屋さんなのか。

 

 

その何屋さん、と言う事をより深く
して行こうと僕は先人からの学びで
意識するようにしています。

もちろん、まだまだです。

 

 

 

 

1つの基準としては、

「学んだのに成果に繋がってない」

なら、

それはひょっとすれば

「今自分に本当に必要なモノ」

じゃないかもしれません。

 

 

今必要なモノを学んでいれば
すぐさま成果に直結しますからね。

 

 

 

自分を客観視する事は
何よりも大切だと思います。

 

 

 

捨てる事。

成果を出す為の最強のノウハウなのかも
しれませんね。

 

 

 

 

僕が思う「学び」は、

・自分の「見せ方」をよくする学び
・自分の「本質」を磨く学び

の2種類あると思っています。

 

 

見せ方を学ぶのも大切ですが、
本質を際立たせる事をさておいて
やっちゃうのも、、、

どちらがいいんでしょうかね。

 

 

~と~が出来る人、よりも
~の専門家、でありたいなと僕は
思っています。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です