女性乗務員 vs おっちゃん

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

 

昨日まで、ほぼ2カ月くらい、

考え、考え、考え抜いていても答えが
出なかった自分の課題が、
ようやく答えが見えてきました。

 

 

会心の一撃です!

 

 

 

考える事から逃げない事って
本当に大切だと思います。

 

 

どうしても外部のノウハウなんかに
目を向けちゃいますが、

大抵の問題は自分の心の中にある様に
思います。

 

 

サポート頂いたコンサルタントの方に
とても感謝していますし、

自らに向き合える機会を定期的、強制的に
取る事は大切だと再認識しました。

 

 

 


 

 

【女性乗務員 vs おっちゃん】

 

昨日、地元和歌山から大阪に
南海電車で向かいました。
(今日もなんですけどね)

 

 

ほぼ1時間乗っているのですが
指定席が500円で行けるので
指定席で集中して仕事してました。

 

 

 

すると、、、指定席車両の中で
乗務員とおっちゃんの声が。

 

乗務員(女性)vs おっちゃん、
スタート。

 

 

 

乗務員
「コチラ、指定席なんですけど
チケットはご購入されてますか?」

おっちゃん(以降、お)
「あん!?」
「じゃあ、買うよ」

乗務員
「こちらの席は他の方が買われていて
指定席を購入頂いたとしても他の席に
移動して頂く事になりま…」

 


「色々うるさいな!」
「こっちは買ってやるって言ってんだから
ボソボソ言わず、ちゃんと喋れよ!」

 

みたいなやり取りです。

 

 

 

このおっちゃんは僕の斜め後ろの席に
座っていたのですが、

この車両を去る時に、

「うっとおしいねえちゃんやな!」

と小言を言いながら移動していきました。

 

 

 

ご本人はどういうつもりなのか
分かりませんが、
カッコいいつもりなんですかねぇ。。。

 

 

 

 

この様な態度、

言い換えますと

「虚勢を張っている」

と言う事なんだと思います。

 

 

 

 

と言う事例を聞くと、
よくある話に思うかもしれません。

 

でも、僕はコレは他人事では無いと
思いました。

 

 

 

 

虚勢を張る。

 

僕は虚勢を張られた経験は
何度かあります。

 

 

例えば同業種の人。

僕にマウンティングしたいのかな?
と僕なりに解釈したのですが、

「林田さんの~はこうした方がいいよ」

と、頼んでもいないのにダメ出しを
して頂けます。

 

 

 

 

人にアドバイスしたくなる時と言うのは

「自分が満たされていない時」

でしか無いと僕は思いますが、
どうでしょうかね。

 

 

僕は先人から、
他人が望んでもいない事であれば
アドバイスはしない方が良いと
教えて頂きました。

カンペキでは無くても、
極力その様に心掛けています。

 

 

 

【自分が満たされていない時の思考】

・他人のダメな所に目が行く
・他人にアドバイスをしてしまう
・他人のせいにしてしまう

など。

 

 

他人への批評は、自分のカガミだ。

と僕はマネジメントスキルを学んだ時
この様に教えてもらいました。

 

 

 

商売においては、
まず自分が満たされている状態で
始めて他者貢献ができるんじゃないかと
僕は思います。

 

 

・自分が儲かればそれでいい
・人からお金を奪っている感覚
・小手先テクでごまかす
・セールスに抵抗がある
・引け目を感じている

 

この様な時は、
自分の中に原因がある事が多いです。

 

 

 

と、電車の中のおっちゃんから
こんな事を連想して考えてました。

 

 

身の周りの何気ない出来事も
全て学びになりますね。

 

 

 

今日もあなたの身の回りでは
何かが起こるかもしれませんが、

関連する気付きを考えてみるのも
面白いかもしれませんね。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です