ブログ

ホーム » 未分類 » 「作る」と「売る」の最適バランス

「作る」と「売る」の最適バランス

 
あなたを伴走支援するコンサルタント
わだちコンサルティングの林田です。


先週はたまたまかもしれませんが、
以前契約頂いていた数名の経営者さんから
何らかの連絡が入りました。

 

以前のメルマガでも書きましたが、
「始め方」より「終わり方」のほうが
大切だと、つくづく考えさせられました。


———————————————–

【「作る」と「売る」の最適バランス】


ソフトウェア開発の世界では、
最初から完成形を目指すことなく、
「MVP」状態で製品を展開する事が
ひとつのカタチらしいです。


MVPとは、
「minimum viable product」
直訳すると、

「最低限、実装した製品」
という意味だそうです。


早い段階で試作品を公開して、
アーリーアダプターからの反応を見る。

それがファーストステップです。

 

その仮説製品の展開から、
・この商品は売れるのか?
・どう改良すればいいのか?
この2つを見ていきます。

 

 

われわれの商品/サービスは、
いつ、なん時も「ベータ版」
でしかありません。

というのも、やがて必ず
バージョンアップされるからです。
(レベルアップ)

 

何においても、
一歩目を早くする事が大切であり、
その一歩目以降の二歩目、三歩目を
着実に進め続ける事で成果のサイズが
大きく変わってきます。

 

 

「作る」も「売る」も、
考えすぎてはいけません。


自分が過去に書いたブログを見て
恥ずかしくなるのは、
5年先、10年先も同じでしょう。

 

 

いまは何においてもベータ版である。

そう思うと、
今の一歩目の動きが軽くなるかも
しれませんね。

 

 

無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA