ブログ

ホーム » 未分類 » 「客数アップ」以外の方法を考える

「客数アップ」以外の方法を考える

林田です。

 

今週から、
「日常の業務の延長上にはないが、
実現できたらワクワクするチャレンジ」
なタスクを1つ追加で入れる事にしました。

未来の目的を果たすための時間を
今より少し増やすイメージです。

 

実行する事もそうですが、
書くだけでも気持ちが動きますね。

————————————————-

 

———————————————-
「このサービスを5回行うんです」

「それ、なぜ7回でも10回でもなく
どうして5回なんですか?」

「あ、そう言われたら、、、
5回でなくちゃいけない理由はないですね」
———————————————-
「いつもこんな流れなので、常にお客さんを
獲得しなければならないんですよ」

「『こんな流れ』と言われましたが、
その流れはなぜその流れなんですか?」

「今までずっとそうだったので・・・」

「その流れを見直すのはどうなんですか」

「あ、そう言われたら、ここのポイントが
ずっと気になっていたんです」
———————————————-

 

ほかにも、

「お客さんに会いに行く事をしないと
この仕事は成り立たなくて」

とか、

「このサービス以外あまり売れなくて」

とか。

 

 

【無意識で以前のままに進めている事】
ってとても多いものです。

 

日常やっている事にメスを入れる事は
とっても大切だと思います。

それを行うためには、
その日常に疑問を持たなければなりません。

 

 

 

「客数を増やしたい」
というご相談は比較的多いです。
(入口の相談として)

 

その理由を問うと、
大きくは売上/利益アップです。

でも、
客数を増やす事が理想の状態に近づく
最善策なのか。

そう考えると、
ぜったいに他の案も出てきます。

 

 

 

客数以外で売上を上げるには、
客単価UPでも、購入回数UPでも
実現できます。

 

大きく言えば、
ライフタイムバリュー(顧客生涯価値)を
上げれば、客数以外でも売上は上がります。

 

 

 

「これが悩みだ、と思い込んでいる」
この様な事は本当に多いです。

客数アップというのは、
(ちょっと失礼な言い方ですが、)
とっても分かりやすい売上UPの思考です。

 

客数アップも大切ですが、
目的を達するには客数アップも含めた
複合的な思考を持つ事が大切です。

 

 

 

 

良くも悪くも、
自分の可能性にフタをしてしまっている事が
あるかもしれません。

 

 

今考えている自分の課題。

その課題をもう1階層2階層上から
考えたら、違う答えが出るかもしれません。

 

 

 

今日この後お会いするクライアントさん。

1人のお客さんの生涯利用平均金額が
3年前の約2.5倍になられたそうです。

それだけでも売上2.5倍ですね。

 

 

 

自分/自社のさらなる可能性と、
お客さんのさらなる可能性を考え続けたら
一気に飛躍するヒントがきっと
出てくると思います。

 

 

 

今年はあと2か月ですね!

来年の準備も整えて、
1月から良いスタートダッシュを
切れる様にしましょう!

追伸:
間もなくサイトリニューアル予定です。
リニューアルまで下記を期間限定価格で
ご提供しています。

無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA