今後のビジネスは「継続性」「LTV」

林田です。

 

僕と長くお付き合いいただいている
あるクライアントさん。
(もう7年目です)

ECサイトを運営しているのですが、
(いわゆるネットショップです)
メルマガ開封率が45%以上もあります。

 

しかも、そのメルマガを書いているのは
社長だけではなく、多くのスタッフさんたち。

 

 

 

メルマガを書いている人であれば
ピンとくると思いますが、

1万人を超える読者さんがいて、
こんな開封率はあり得ません。

※ECサイトは10~20%の開封率で
良い感じと言われているくらいです。

 

 

 

上記のクライアントさんは、
特別な新規客獲得の取り組みに
とても注力している訳ではありません。

既存のお客さんとの関係性をさらに
よくする事がご商売の軸として
確立されておられます。

 

 

 

新規を追いかけるビジネス、
もっと具体的に言うならば、

~~~~~~~~~~~~~~~~
新規を追いかけ「なければならない」
ビジネス(ビジネスモデル)
~~~~~~~~~~~~~~~~

は、今後絶対に続かなくなります。

 

理由はカンタン、
日本では会社の数も人口も減ってるからです。

絶対数が減っているので、
それに対抗する事は困難ですよね。

 

 

 

そんななかで最近は、
~~~~~~~~~~~~~~~~
新規を追いかけなければならない
ビジネス(ビジネスモデル)
~~~~~~~~~~~~~~~~
がとても増えている様に感じます。

 

極端な言い方をすると、
大風呂敷を広げる様な訴求をすれば
新規集客はできるんでしょう。

でも、そんなやり方をしているうちは、
あとで揉め事がセットで付いてきますが。

 

 

 

「新規集客」という土俵で戦ってるうちは、
魑魅魍魎がたくさんいる中でちがいを
明確に打ち出さなければなりません。

 

 

どこの骨の馬か分からない。
そんなのがいっぱいいる。

だから、何を信用していいか分からない。

今の新規集客はまさにこのような感じで、
真っ当な事をやっていても真っ当な評価を
してもらえなくなってしまいます。

 

 

 

 

今後も長く活躍し続ける人は、
顧客との関係性がしっかりしている事が
とても大切だと思います。

その関係が構築できているからこそ、
LTV(顧客生涯価値)が上がっていきます。

 

僕みたいなコンサルタントでも、
この点は同じですね。

 

 

 

 

何事においても、
「新」を追うより、
「既存」を大切にする。

 

新とは、
・新規顧客
・新商品/新サービス
・新しい集客方法
などなどです。

既存とは、
・今までやってきた取り組み
(をしっかり改善検証するという意味)
・今まで利用してくれてるお客さん
・今まで提供していたサービス
(をさらに良いものにしていく)
という感じです。

 

 

 

「新」ばかり追いかけていると、
いたちごっこビジネスになります。

しっかり腰を据えて商売をしたいなら、
「既存」を大切にすることが必須ですね。

 

 

 

「新しい何かをしなければ」
を考えるより、
既存の何かを見直す。

USJを復活させた森岡毅さんも、
既存のCMに「ちょっとだけ」手を加え、
一気にV字回復のキッカケを作りました。

 

成果を出している人は、
こんな感じなのでしょう。

 

 

 

「既存」に必ず火種はあります。

そこを見逃さないようにしたいですね。

 

 

 

8月の募集はあと1名です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ltv-design.com/aokb/




無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です