人が去っていく時、どう考えるか?

 

--------------------

今のリソース(資源)だけで成果が飛躍。
あなたが主役として活躍し続ける伴走型
コンサルタント

--------------------

わだちコンサルティングの林田です。

 

 

今までいろんなクライアントさんの
お話をお聞きしているなかで、

「人が去っていく」

という事例がよくあります。

 

 

たとえば、
中小企業さんなら従業員さんなど。

ひとりでビジネスしている人なら
お客さん/クライアントさん。

などなどです。

 

 

まじめな人であればあるほど、
人が離れていく時って
ネガティブに考えがちです。

自分のせいだ、という感じで。

 

でも、僕はそうは思いません。

 

 

商売をしていると、
必ず自分自身のステージ変化が
何度も起こります。

小さな変化から大きな変化まで
さまざまでしょうが。

 

人が去っていくときは、
いわばそのシグナルとも捉える事が
できます。

 

 

たとえば、

中小企業さんであれば売上の
ステージごとに人が一定割合で
従業員が入れ替わる事もよくお聞きします。

起業家さんにおいても、
自分が提供していきたい事の変化に応じ
お客さん層が変わったりします。

 

 

 

過去の自分は求めていたけど、
いまの自分は求めていない。

そう言った人たちはどこかで
去っていきます。

 

 

ということで、
人が去っていくというのは、
悪いサインではないと考えるほうが
色々と良い解釈が出来ると思います。

 

「人が去る=次のステージに上がった」

そんな感じです。

 

 

すべての荷物を持ったまま次に
向かう事はできません。

何においても取捨選択が求められます。

 

と言ってる僕も同様に、
ほぼ定期的にそのような事が起こります。

 

 

 

本なんかにもよく書かれてますが、

中小企業が売上規模拡大に応じて
従業員が大きく入れ替わることも
ある、と。

 

創業当時の従業員が1人もいない、
って事も例外ではありません。

 

 

 

という事で、
人が去るという事実が起きても
ネガティブに考えるのではなく、

前に進んでいるサインだと捉えて
次に進む方が圧倒的によい思考/行動が
できると思いますのでおススメです。

 

 

信頼を置いていた人が去る事も
今後はきっとあるはずですが、

有事の前に思考のバージョンアップを
しておく事も大切だと思います。

 

というお話でした。

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です