コンサル事例【新サービス作成】

———————————————————————–

今のリソース(資源)だけで成果が飛躍。
あなたが主役として活躍し続ける伴走型の
コンサルタント

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

とある専門職の方から、

「高額のサービスを勧めたいけど
相手の考えが分からないので
二の足を踏んでしまう」

というご相談をいただきました。

 

まあ、僕もイヤです。
相手のご要望が分からないままに
何かを勧めるという行為は。。。

 

プロから見ると「必要」でも、
お客さんから見ると「興味なし」
って事は山ほどありますからね。

 

 

この方のお仕事は、士業。

とある専門分野におきまして

「現在は提供していないサービスだけど
ご要望が多いサービス」

を展開していきたいとの事でした。

 

ご相談前は、

「既に新サービスが頭の中で完成してる」

状態でした。

 

そして、それを勧めるにあたり
何かしらの抵抗が生まれる、
そのようなご相談でした。

 

 

 

「勧めようとするとき、
どのような思考が働くのですか?」

Aさん:
「相手さんがこのサービスをどの様に
考えてくれるのか分からないので、
勧めたいけど勧められないという状態が
何度も続いているんです」

「なるほど、相手が~だから
言えないんですね」

(敬称略)

「では逆に、相手が考えていることや
望んでいる事を手に取る様に分かったら
勧められるという事なんですかね」

Aさん:
「そうです」

「では、相手が望んでいる要望が
100%詰まっているサービス内容に
なれば、どうですか?」

Aさん:
「それなら強く勧められます」

「じゃあ、その様なサービスを作るために
何をすれば作っていけそうですかね」

Aさん:
「まずはお客さんに聞く事ですかね」

「何を聞きましょう?」

Aさん:
「ホントですね」

「ではまず、〇〇をこの様に確認し、
その後に~を・・・」

Aさん:
「それならメチャクチャ具体的に
サービスが欲求に合致するように
作れそうです!」

———————————————————————————

 

この方が最終的に仰っていたのが、

今までの提供サービスであれば
一定の満足感はあったものの、

・できるサービスを提供し切ってない

・自分のサービスが欲求に合致してるか
どうかが見えていなかった

・新サービスを作る手順が分からなかった

というのがフラストレーションだった
ようです。

 

結果的には、

相手の方の欲求に応じて提供サービスを
カスタマイズする事ができる様になり、

「決まった新サービス」ではなく、
相手の要望に応じたサービス内容を
組み立てる様になられました。

 

そりゃ、相手(お客さん)も自分も
満足度は高くなりますよね。

 

 

 

最初のご相談内容は、

「高額のサービスを勧めたいけど
相手の考えが分からないので
二の足を踏んでしまう」

でしたが、
これが主たる解決したいことでは
ありませんでした。

 

でも、こういう事例においても

【自分の悩みは〇〇なんだ】

と、決めつけてしまっているのが
ほとんどです。

 

 

 

思考は、ほつれているものです。

 

「自分は〇〇が課題だ」

という方もいますが、
それが真の課題なのであれば
その〇〇を解決する事を進めたら
解決できているはずです。

 

でも、その〇〇以前に何かしらの
弊害があるから問題が解決しない。

これが問題未解決のメカニズムです。

 

 

値上げの方法を知りたいと言ってた方が
値上げに対する考えについて合点がいけば
値上げできたりします。

 

 

「方法を得る」というのは、
直接的な問題解決にならないケースが
ほとんど(9分9厘未解決)です。

 

 

 

あなたが今引っかかっている課題や問題、
解決の活路は見いだせているでしょうか?

この様な思考のほつれを解き、
解決の糸口を見つけていきたい方は
ぜひ下記のお試し相談をご利用下さい。

 

もう少しだけ募集しますので。

https://24auto.biz/hayashida/registp.php?pid=7

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です