自分のリソース(武器)をフル活用する方法

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

自分の武器をフル活用し、
お客さんと長くお付き合いする方法に
ついて。

 

 

久しぶりに良本に当たり、
朝からテンションが上がってます。

アマゾンの中古本ってホントに
価値がありますね。

3000円くらいの本が500円位で
買えちゃいます。

 

 

その本に書いていた事なのですが、
最近は「専門家」が多すぎる、と。

僕もホントにそう思います。

似たような訴求、
似たような肩書き。

どの業界でもこの傾向は同じですね。

 

 

選ばれるのが難しくなっている今、
やはりお客さんとの関係性を長く
続けていきたいところです。

 

話をもどしますと、

「自分の武器をフル活用する方法」

について。

 

書いていたままで言いますと、

『「専門知識」を「伝える」』と、

「雇われて」、関係性がすぐに終わる、
そう書かれていました。

逆に、

『「専門知識を活用」して、
「自走できる様に協働する」』と、

「信頼され」、良い関係が長く続く、
そう書かれていました。

 

前者は「エキスパート」、
後者は「アドバイザー」、
そうも書かれていました。

 

 

エキスパートの特徴は、
(関係が続かないほう)

・知識が深い
・話す
・答えを出す
・仕事上の信頼を築く
・コントロールする
・専門性を提供する
・分析する

アドバイザーの特徴は、
(関係が長く続くほう)

・知識が深く、しかも幅広い
・聞く
・良い質問をする
・仕事上だけではなく、
個人的な信頼関係も築く
・協働する
・洞察を提供する
・統合する

深いですね。。。

 

 

 

僕もこの仕事をしていて思うのは、

知識/ノウハウで問題解決するケースは
ほんの1~2割程度だな、と。

大抵の場合は、知識不足じゃなく、
思い込みが根本問題だったりします。

 

 

僕は昨日もカウンセリングを
受けていましたが、

僕がお客さんとして望むのは、
上記で言うアドバイザーの対応です。

聞きもしないのに教えられたくないし、
ある程度、自分の心地よい空気感を
与えてほしいです。

 

知識も適材適所ですね。

帯に短し襷(たすき)に長し、では
自分の武器をフル活用できません。

 

 

自分のリソースをフル活用する方法は
きっとまだまだあるはずです。

自分の外側に新たなモノを求める前に
まずは自分の内側にあるものを
精一杯活用したいですね。

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です