ネタ切れをなくす方法

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

最近テレビでよく出てくる
ミルクボーイ。

ご存じですかね?
M-1チャンピオンですね。

 

 

僕の奥さんは漫才キライなので
M-1グランプリを見ませんでした。

なので、ミルクボーイのネタを
ガッツリと見た事はありません。

 

そして昨晩、眠れなかったので
YouTubeでミルクボーイをチェック。

 

まずは「コーンフレーク」というネタ。
そして次に、「もなか」というネタ。

ちなみに、コチラ
↓↓↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=uAzcejr6gPM&t=515s

 

 

コーンフレークのネタでは、
上沼恵美子が爆笑していました。
(私の母は見た目が上沼恵美子に似てます)

その他のネタもYouTubeにたくさん
上がっていましたので、
ついでに色々と見てみました。

 

 

彼らのネタの代表作は、

「オカンが好きな食べ物忘れた」
「オカンが好きなテレビ忘れた」

というところから始まります。

 

そして、
そのオカンが忘れた何かを一緒に考え
思い出すというネタのパターン。

 

 

 

このネタのパターン、
流石だなぁと思いました。

 

 

俯瞰(ふかん)してこのネタを見ると、
見えてくることがあります。

 

それは、、、

彼らは、自分たちの持ちネタを
題材にしていないって事です。

 

 

彼らのリソースは、
このネタのフレームのみ。

あとは、

・俗世間の情報
・流行の何か
・他人の何か

など、

≪永遠に尽きる事がない題材≫

をメインディッシュにしています。

 

 

自分のフレーム+他者情報。

コレが彼らの漫才パターンです。

 

 

 

メルマガとか、ブログとか、
あと、コンサルティングもそうです。

「教えるネタがなくなった」
「発信するネタがなくなった」
「書くネタがなくなった」

という事を言われる方もおられます。

 

その様に考えている人たちは、

「自分が持っている武器」

を題材に考えようとしています。

 

この様な考え方では、
誰もがネタ切れしますよね。

 

 

 

僕はコンサルティングにおいては

「今日は●●について話しますね」

と、僕から口火を切って話す事は
そもそもありません。

 

主役はクライアントさんですから。

 

 

 

お客さんは、
日々色んなご経験をされています。

そのご経験からくるお悩みや欲求は
常に変化します。

 

僕はそのお悩みや欲求に沿って
お付き合いさせて頂いてるつもりです。

 

 

自分が主役にならずに、
他者が主役になる。

コレはビジネスにおいての
基本といえるかもしれません。

 

 

という事をミルクボーイから
改めて教えてもらいました。

モノの見方次第でいろいろと
勉強になりますね。

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です