契約を延長してくれた理由

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

先日、大阪の中小企業さんの
コンサルティングでした。

 

先日お持ちした契約書に押印頂き、
2年間の契約延長です。

ありがたい限りですし、
とてもうれしく思います。

 

 

 

今年は売上が大きく飛躍されています。

しかし、
僕は特別なスキルやノウハウは
一切お伝えしていません。

 

マネジメントに関しての
マインドセットを管理職の方々に
ワークを通してシェアしています。

それだけです。

 

 

 

僕は普段から、

「今日はいかがでしたか?」

と、コンサルティング終了時に
クライアントさんにお伺いしています。

 

勇気が必要な質問かも、ですが、
ご意向と相違ない様な接し方が
大切だと思ってるので、聞いてます。

 

 

そして昨日、あらためて

「契約延長いただいた理由を
あえて1つ言うなら、何ですか?」

とクライアントさん(社長)に
お伺いしてみました。

 

すると、その理由は

「売上が上がったから」

ではありませんでした。

 

 

社長が言われたのは、

「同じ景色を見てくれてる感じだから」

との事でした。

 

 

どういう事でしょうか?

と、深堀りしてお聞きすると、、、

「ウチが特に意識している事を
同じように捉えてくれているし、

同じ優先順位、問題意識をもって
考えてくれるから」

との事でした。

 

 

そのあと、

「成果が上がっている理由って
社長はどの様にお考えですか?」

とお聞きすると、、、

 

「みんなが同じ方向を
向き始めたからからな」

でした。

 

 

何かのノウハウを得た、
何かをマスターしたという
理由は皆無でした。

 

 

おそらくですが、
僕の他のクライアントさんからも

「林田のコンテンツが魅力的だから」

「林田からノウハウを学びたいから」

こんな理由は絶対的に
出てこないと思います。

 

でも、ありがたい事に
クライアントさんとのお付き合い期間は
比較的長くなりつつあります。

 

 

 

感謝の気持ちを忘れちゃいけないのは
当たり前ですが、

僕は今の仕事で大切だと思うのは

「クライアントさんに全精力を
注ぎ込める環境をつくる」

という事だと思っています。

 

 

お客さんを獲得しては、
一定期間でお付き合いが終了、

そして、また新しいお客さんを
獲得するために走り回る。

 

この状況が続いてしまうと、
既存のお客さんの事を考える時間、
接する時間がおのずと少なくなります。

 

 

 

 

5:1の法則。

(5が新規顧客獲得、1が既存顧客)

有名なお話なので詳細は割愛しますが、
いまは10:1くらいじゃないかと
僕は思います。

 

要は、それだけ新規顧客獲得には
時間もコストもかかります。

 

 

 

ビジネスを発展させるには、
まずは既存のお客さんの満足度を
より上げる事だと思います。

 

じゃあ、その為に何をするのか。

 

まずやる事は、

「お客さんがどう感じているのか」

を深~く理解する事かもしれません。

 

 

何を求めているのか?

今の接し方がもっとこういう風だったら
より良いです、とか?

こんなサービスがあったら?

とか。

 

 

 

経験値が長くなればなるほど、

「きっと~~~だろう」

という決めつけが発生してしまいます。

 

 

 

お客さんに聞く。

とっても基本的な事ですが、
意外と抜けてしまう事かも、です。

 

長くなったのでこの辺で
おわります。

 

 

ということで
今日も素晴らしい一日を
お過ごしくださいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です