5年後ビジョンはありますか?

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

僕は今年で起業7年目に入りました。

どんどん、
オッサンになっていきますね。

 

 

 

僕は起業1年目に、
5年後のビジョンを書いてました。

1年後、2年後、3年後…5年後と
1年ごとに。

 

 

当時はほぼ収入もない状態でしたが

「ホントにこんな風になるのかな」
「いや、なる訳ないよな」

と自らを疑う感じで、
地に足が付いてないビジョンでした。

 

いわば、書いただけみたいなモノです。

 

 

ただ、僕は自己管理のために
その5年後のビジョンを毎日の日記に
書き続けてました。

 

すると不思議なもので、
現実味が湧いてくるんです。

現実味と言うか、
リアルな目標や行動指標に
変化していきました。

 

 

そして、その結果ですが、
自分が立てたビジョンから
大幅にズレる事なく進めています。

当時は、「こんなの無理でしょ」と
思っていたにもかかわらず。

(振り返るとビックリです)

 

 

 

 

「今できること」

から物事を考えると、
自分の今の固定概念から抜け出すのが
難しくなります。

 

 

「5年後のビジョン」

から物事を考えると、
現状からつじつまを合わせに行く様な
行動をとる様になります。

 

 

5年後(10年後でもいいでしょうけど)の
ゴールを明確にし、

4年後、3年後、2年後、1年後の
ゴールも具体化、数値化し、

1年後のゴールにたどり着くための
道のりを具体化、数値化、
そして日程に落とし込む。

 

こんな風に行動を決めて行けば、
目標から大幅にズレるということは
ほぼなくなると思います。

 

もちろん、
自分でコントロールが可能な
行動指標の組み方が必要ですが。

 

 

 

 

僕は1月からモチベーションが
高い状態、と言う訳じゃありませんが、

今月やる事については
去年の段階で具体化、数値化してるので
良い意味で焦りを感じながら動けてます。

 

 

やはり自分を引っ張ってくれる
ビジョンと言うのは大切だと感じてます。

 

 

 

行動、気持ちが持続しない、
と言う状態なら、

・ビジョンを作る
・作ってるならもっと具体化する

と言うのをやってみるのも
良い機会になるのではと思います。

 

 

そもそもの意欲が湧かないなら、

ミッションみたいな事が
ぼんやりしてるのかもしれません。

 

 

 

まあいずれにしましても
言語化と言うのは本当に大切だと
思います。

 

自らを発動させてくれるのが
言語化ですね。

 

 

 

今年は何か新たな言語化習慣を
作ってみるのはどうですか。

毎日、そしてそれを3ヵ月ほど
続けてみると、何か変わってきます。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい一日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です