オフラインは全ての基本の凝縮

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

今日は朝から東京に来ています。
3日間、お勉強です。

頭脳の基本スペックが低いので
勉強せざるを得ません汗

 

 

最近何度かブログで書いてましたが、

僕はこの1,2ヵ月、
とにかく色んな方にお会いする機会を
意識的に設けています。

商売に関係なく、です。

 

深いご相談を頂く事もあれば
ワイワイ楽しく話をしたり、
ただ一緒に食事をしたり等、様々。

とにかく多くの方と会っています。

 

 

色んな方に会おうと思ったキッカケは、

「自分はどんな方にどんな事を
提供したいのか再度見つめ直そう」

「自分は何に価値を置いているのか?
再度コレを明確にしよう」

等々、思ったからです。

 

 

言い換えると、
周りの方に気付かせてもらう機会を
いただく訳ですから、

とにかく目の前の方に集中して
今できる事を全力で提供しようと
心掛けています。

 

 

 

すると、、、

不思議なことに

「紹介したい人がいる」

とか、

「こんな事お願いできますか」

とか、

直接だけじゃなく、間接的にも
何かしらのお仕事の話を頂いてます。

 

そして良い方との出会いしか無い、
という何ともありがたい状況です。

 

 

 

この様な活動をしていて気付いた事は、

・まずは接点を持つ事が大切

・知ってもらう事が大切

・価値を伝えることが大切

・お会いする頻度が大切

・「先に与える」が大切

・「先に与える」の本当の意味を
理解している事が何より大切

・売りたいモノじゃなく、
相手の方が欲しているモノを提供する

・欲しくない人には一切勧めない

と言う、

いわゆるマーケティングでよく言われる
基本的な事を改めて気付かされました。

 

 

 

とても当たり前の話です。

でも、コレはオンライン活動だけを
していると、本当の意味を理解出来ません。

 

 

オンライン活動だけで本当の意味を
理解できない理由は、

「目の前に対象の方がいないから
反応を見る事さえできない」

からだなと思います。

 

 

目の前の方が今何を欲していて、
何に対してどの様な解釈をしてるか?

これらを理解しておく事は何より
大切ですね。

 

 

 

1対1が上手くできないのに
1対多のオンラインモデルだけを
やった所で、上っ面のモノマネです。

 

 

 

江戸時代にも顧客台帳があり、
火事になったら台帳を何よりも先に
井戸に投げ捨てて・・・

みたいな話もありますが、

当時はそのリストを見た上で
直接訪問していたんだと思います。

 

間違いなく、
メールじゃありません。

 

直接話を聞く機会、
色々と学び、刺激があります。

 

 

 

1人で考えるよりも
他の方に会ってみる。

おススメです。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です