今月は何点だっただろうか?

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

7月最後の1日ですね。

今は新大阪行きの特急に乗って
研修の会場に向かっています。

 

 

仕事の日だけ書いていた日記を
最近は毎日書く様に戻しました。

 

と同時に、
毎月のトータル評価点数を付けてます。

100点満点中、何点か、です。

 

 

点数を付けるにあたり、最も大切なのは

「明確な目標設定」

です。

 

コレがなければ、
今自分が何を目指しているのか、
目指すゴールの何合目まで来てるのか
全く明確になりません。

 

やはり、書き出すことによって
自分の現在地も明確になりますし
目指す地点も明らかになります。

それだけではなく、

「この様に書いてみたものの、
コレで本当にいいんだっけ?」

と、時には疑問を持ったりします。

 

 

 

今日1日まだ残っていますが、
今月は何点位で着地しそうか。

 

僕は日記には
・1週間ごとのタスク
(目標から逆算したもの)
・日々やる事
・1ヵ月やる事

を書く様にしています。

 

もちろん、全てその通りには
進まないのですが、

何をどの様に調整したら良いか、
コレが明確になるだけでも大きいです。

 

 

 

日記を書いてみたら色々と見えてきます。

 

例えば、状況が変わった時。

日々、状況が変わって当然ですが、
状況が変わったときに

「この状況じゃムリだわ…」

と思って辞めちゃうのと、

「今月はココまでやって…」

と、全体最適を具体的に図るのか。

 

と言う事もできます。

 

それだけではなく、

「ホントにコレ、したかったんだっけ」

と、自分の目標を自分に問いかけて
自ら納得する答えを出そうとします。

 

 

ってな感じで日記が効果を発揮中です。

 

 

 

今月は何点だったか。

僕はこの様に今こころがけて
取り組んでいますが、

毎月の自己評価の指標を持つ事は
自分の成長を促せます。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です