最悪の数字はホントに1なの?

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

朝5時前に出発し、
今は京都にいます。

 

2日連続、早朝から車移動です。

 

今日も頑張ります!

 

 

 

あ、スタッドレスタイヤ、
まだ履き替えてない・・・

 

 


 

【最悪の数字はホントに1なの?】

 

 

「1は最悪の数字だ」

マーケティングでも有名な
ダン・ケネディが言ってる言葉です。

DRMを学んだ事がある人なら
聞いた事がある言葉だと思います。

 

 

・1つの方法に依存している
・1つの集客ルートしかない

などなど、

とにかく1つの入り口であれば
それが崩壊した瞬間、キケンだ。

 

そう言う意味の言葉だったかと。

 

 

 

でもコレの本当の意味を勘違い
している方が多いなと僕は感じてます。

 

 

 

1つに依存するのが怖いからと言って、

・新しい商品を作る
・新しい集客ルートを作る
・新たな・・・をする

と言う取組みをされる方は本当に
多いです。

 

と同時に、
その多くの事を手掛けていても
成果につながっていない事が
ほとんどの様で。

 

 

 

色々な打ち手をしたくなるのは、

コレは完全に売り手の思考でしか
無いと思います。

 

なかなか良い反応が得られないから
今度はこんな打ち手をやってみる。

そんな感じだと思います。

 

 

 

 

僕が思う、最も最悪な事とは、

「1つの事に集中する」

と言う事ではなく、

「1つの事をやってみて、
何という改善・検証をしないまま
次なる打ち手に進む事」

だと思います。

 

 

色々と手掛けてみて

「ああ、ダメだった、はい次の事!」
コレが最も生産性の低い時間の
使い方です。

 

 

 

成果を出されている人、
成果を出している会社って、

本当にシンプルを探求し続けていると
日々感じます。

 

 

 

色々な意味で、

「新しい」

に執着を持ってしまっているなら
何かキケンなサインかもしれません。

 

 

 

既存の取組み、
本当に見なおせているでしょうか?

見直す余地はありませんか?

 

 

・既存の取組み
・既存のお客さん
・既存のいろいろなお取引先さん

は宝です。

 

 

外に目を向けるより、
まずは内部だと僕は思いますが
あなたはどうですか。

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です