長期的な関係に大切なモノ

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

平成最後のメルマガですね。

 

 

そう言えば、
中学2年の時に平成になりました。

 

そんなに勉強しない中学生でしたが、
昭和最終日の新聞は何故か保管していて、
母親に褒められた事がありました。

 

 

 

中学校の時の塾の先生、
メチャクチャいい先生でして
勉強を好きにさせてくれました。

 

一気に学力が上がり、
脂肪の、いや、志望の高校に
入学できました。
(ダイエット加速しなければ)

 

 

 

サポートしてくれる人によって
成果や意欲が変わるのは、

プロスポーツ選手でもビジネスでも
なんでも同じかもしれませんね。

 

 


 

【長期的な関係に大切なモノ】

 

 

「お互いに尊重し合える関係で
お付き合いが長期的に続く」

 

僕が目指しているところであり、
僕のクライアントさんにも同様に
望む事です。

 

 

ところが、
こうは望んでもその様な関係が
長く続かないんです・・・

と言うご相談は本当に多いです。
(1サイクルしないと分からない)

 

 

特にコンサルティングの業務を
はじめたばかりの方は

「出来るつもり」

になってしまいます。

 

 

「自分のスキル、経験は圧倒的に
あるから大丈夫」と思っていても、

人はスキル・知識だけでは動きません。

 

 

 

 

スキル・ノウハウ・テクニック。

 

コレばっかり学ぼうとする人が
正直なところ、ほとんどです。

 

 

でも、圧倒的なスキル・知識が
あったとしても、

長期的関係が続くかどうかは
全くの別物です。

 

 

 

「関係を長く続ける方法を
教えてください」

と小手先の回答を求めに来る人も
いますが、

そんな小手先の回答なんかありません。

 

 

 

 

僕が思うに、関係性が長く続くのは

「相手に対する想いと、自分の生き様」

じゃないかと思います。

 

 

精神論かよ!
と思うかもしれませんが、

スキル・ノウハウをチラつかせても
人からの興味は一時的でしょう。

 

 

 

僕が今も継続的に学びの機会を
提供いただいている方々はみな、

スキル、ノウハウ以前に人間性が
素晴らしい方です。

 

そして、他者への想いが強いです。

 

 

 

僕は色んな先輩から教えられて
ビジネスに直結しない本を読む機会を
定期的に設ける様に心がけてますが、

そういった人間磨きの機会こそが
本当の本質、原理原則の様に思います。

 

 

 

何がどうあれ、
小手先論ばっかり学んでいる人には
負けてたまるか、と言う想いは
個人的に持っています。

 

 

 

最後に自分1人だけじゃなく、
クライアントさんと共に笑いたい。

そう言ったコンサルタント、
世界一のクライアントさんにとっての
伴走者であり続けたいな、

と言う昭和最後のメルマガでした。

 

 

あ、平成最後でした。

 

 

最後までアツ目ですいません。

 

 

 

令和もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です