強み=自分の過去

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

今日は朝から大阪です。

今日からお付き合いが開始する
中小企業経営者さんとの面談です。

 

 

理由は明確ではありませんが、
最近はステキな経営者さん、
起業家さんとしかやり取りが
ありません。

本当にありがたい限りですし
毎日クライアントさんから
パワーを頂いております。

 

 

 

そして僕は来月からさらなる
投資をし、自らのステージを
引き上げようと思っています。

 

 

大きな投資をする時は、
いつも程よい緊張感、ドキドキ感が
あります。

 

 

現状維持をぶっ壊すよい環境だし、
良い意味で自分のペースを乱しに
行きます。

 

 


 

【強み=自分の過去】

 

色んな方々からの教えにより、
僕は「言語化」と言うモノを
大切にしています。

 

ミッション、ビジョン、
目標、アウトプット用のメモ、
お客様の声、、、

言語化と言えども色々とあります。

 

 

よく相談を受ける事の1つとして、

「自分の強みが分からない」
「十分に表せていない」

と言うお話もあります。

 

なかには、

「自分には強みが無い」

と思い込んでられる方もいます。

 

 

強みが無い方はいません。

ただ気が付いていないだけですし、
強みを十分に具体化出来てないのは
「言語化」が不足しているだけだと
僕は思っています。

可視化、とも言いますかね。

 

 

 

僕はクライアントさんから
僕自身の強みを発掘して頂く事が
よくあります。

分かりやすく言うと、
仕事をもらう機会によって
「あ、コレも自分の強みだったんだ」
って感じです。

 

こういう機会を経験すると、
結局は自分の過去からの学びの
どこかにその強みが隠れていたなと
考えさせてもらえます。

 

 

 

大分類の強みは出せているけど
中分類、小分類の所までの強みが
出せていない。

結果、その強みが競合の中に
埋もれてしまうので表現が不十分…

 

 

 

もし自分の強みを十二分に
表せていないのであれば、

ご自身の過去の学び/習得した事を
書き出してみるのも大発見の
機会になると思います。

 

 

お客さんから何気に言われた事、

自分では大したことが無い様な
要素でも、相手から大喜びされた事、

売り手と買い手のギャップがある要素。

 

色々と切り出して行く事によって
更なる強みを見出せると思います。

 

 

 

強みが見つからない方は、

「強みを十分に言語化出来ていない」

だけです。

 

 

外部のノウハウを手に入れる前に
まずは自分の内面と向き合う時間を
取った方が成果への近道になります。

 

特にノウハウコレクターと言う
自覚がある方は、です。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です