仕事の原点

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

 

今日は早朝から東京、日帰りです。

 

 

そして明日は個人的に大きな
イベントがあります。

 

待ちに待ったイベントです。
準備も少しずつ整えてきました。

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

 

 

タケノコ堀りです!

 

抽選に当選しましたので
行ってきます。

 

雨の翌日はタケノコが大きく
育つので、

個人的には今日は少し雨が
降って欲しいです。

 

 

目標、5本発掘!

 

筋トレの成果を発揮します。

 

 


 

【仕事の原点】

とある方に質問されました。

 

「今の仕事をしていて
一番の喜びは何ですか?」

 

意外と早く答えが出ました。

「自分に許可を出してもらえた
(クライアントさんが)
時が一番の喜びの瞬間です」

 

実際、
目に見える成果が出る前に
この様な内面の変化が無ければ
成果につながって来ませんし、

この瞬間でもう成果を得た様な
モノだと僕は思っています。

 

 

と回答した時に、、、

「アレ?」

と思いました。

自分の仕事に対する意欲の
源ってコレだなぁ、と。

 

 

 

ニーズがあって、
自分が提供したくて、
自分の得意領域ならば
仕事として成立します。

もちろん、利益もです。

 

 

 

仕事をして行くうちに
自分の肩書きが邪魔になる、

と言う事も起こり得ると
思います。

 

「自分は〇〇士だから」

「自分はデザイナーだから」

「自分は〇〇業だから」

と、
自分を肩書きの殻の中に
閉じ込めてしまってる状態です。

 

 

時には、
この様な質問を自分に
問いかける事も大切だと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「もし、何をやってもいいなら
どんな事をしたいですか?」

 

 

この後すぐに仕事なので
手短になりますが、

「今は進むべき道を
進んでいけてるだろうか?」

と言う自己診断も大切です。

 

自らに向き合わなければ、
気付いた時には強烈な違和感に
教われる事もあります。

 

 

僕は外部の方に定期健診を
してもらっています。

ゼロで考えられるからです。

 

 

 

 

今一度、
自分の原点について
考える事も時間のある時に
ぜひやってみてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です