値下げ市場参入?

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

久しぶりに事務所でメルマガを
書いています。

 

やはり、地元にいるのって
落ち着きますね。

 

 

一時的には東京に事務所を
構える事も考えましたが、

今は移動も便利だし、
十分な感じです。

 

 

と言う事で、今日は

「値下げ市場」

についてのお話です。

 

 

 

最近僕は、
格安スマホに変えました。

 

まあ、安いですね。

今まで1万円位掛かっていたのが
数千円になりました。

 

 

 

トレード・オフという言葉が
ありますが、

「上質さを取るか、手軽を取るか」

です。

 

 

今やスマホの市場は
飽和と言うか、
色んな業態が仕掛けています。

イオンなんかもそうですよね。

 

 

 

事の始まりを考えておく事が
大切だと思います。

 

 

大体、
格安市場を作る所と言うのは、

元々、その市場で勝負を
していなかった会社からの参入が
多く見受けられます。

 

 

格安スマホ、
新電力、、、

他にもあるでしょうが、
すぐに浮かぶのはこんな所です。

 

 

価格を安くすれば、
お客さんを獲得する事も可能です。

 

ただ、
望むお客さんを獲得できるかは
別の話です。

 

 

 

そして、
格安市場と言うのは、

やがて大手に巻き込まれる、
と言う流れがあるのも過去の事例で
よくあります。

 

 

大手が高くとまっていても
格安市場の業者に市場を
荒らされてしまったなら、

大手は大手のパワーを使い、
逆襲を開始します。

 

これが一般的な流れです。

 

 

となると、
スモールビジネスであれば
格安市場に対抗しに行く事は
とっても危険かもしれません。

 

大手の資金力にはかないませんし、
大手は今年1年の戦いではなく、
長期戦で挑む体力があるので、

価格での太刀打ちは相当難しいと
思います。

 

 

とは言っても、

「他社よりも安く」

と言う事は一つの戦略として
考えてしまうモノです。

 

 

専門性の高いビジネスを
しているなら、

他社よりも安くしなければ
勝てない、

と考える方も一部おられます。

 

 

ですが、
スモールビジネスであれば

この格安戦略を行っていくと
魂がすり減ってしまいます。

 

 

 

顧客満足度を上げるには、

「自分を満たしている事」

が大前提では無いでしょうか。

 

 

かく言う僕も、
格安価格で仕事を受けていた頃も
あります。

そして、

「何の為にやってるの、コレ?」

と自問自答する事もありました。

 

 

 

「価格を安くしてしまうのは、
 自分の強みを言語化出来てない」

からだと僕は思います。

 

 

誰にでも強みがあるのに、

その強みに気付いていない経営者は
たくさんおられます。

 

 

強みって、

専門性の知識レベルとかでは
無いと思います。

 

 

必ずあなたにも
自分が思っている以上の価値が
隠されています。

 

 

 

自分を満たし、
顧客を満たす。

 

これがビジネスをやる中で
大切な事だと僕は考えています。

 

 

自分の価値を低く見ている、
自分の隠れた価値を知らない、

と言う方、

 

今行っているセミナーに
ご参加頂くと、

この点に気付かれると思います。

 

 

あなたにはもっとたくさんの
価値が必ずあります。

 

 

今日は長くなったので
このあたりで。。。

 

 

と言う事で、
今日も新たな小さな一歩の
チャレンジをしましょうね!

 

僕も頑張ります!

 

 

セミナー申込みをまだしていない方は
下記からどうぞ。

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇 
1000~2000万円 
手にする最短手法公開! 

見込み客獲得⇒高単価契約の 
流れをコントロール 

『理想のビジネス作り講座』 
セミナー&説明会 
goo.gl/pBS4Xm 

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇 

 

———————————————————————————–

・既存顧客・既存商品で売上アップ
・顧客獲得の価値
・顧客生涯価値(LTV)を上げる

顧客価値向上パートナーズ
(マーケティングコンサルタント)
林田康裕

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です