行動スピードが早い人の特徴

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

株式会社轍(わだち)コンサルティングの
林田です。

 

昨日も大阪でセミナーでした。

また、共に闘う仲間が増えて
嬉しい限りです。
(連続講座の事です)

 

 

 

 

最近気が付いたのですが、
関西でセミナーをする時は普通に
関西弁で話してますが、

東京でセミナーをするときは
語尾だけヘンな関東弁になります。

 

まあ、田舎っぺの背伸びですw

 


 

【行動スピードが早い人の特徴】

 

身の周りには行動スピードが
早い人っていますかね。

実際に、
行動スピードが早い人は次々と
成果も出されているモノです。

 

そして彼らには分かりやすい
特徴があるな、と言う事を
最近気が付きました。

 

 

行動スピードが早い人は、

「ゲーム感覚で仕事をしている」

と言う事が共通点だと思います。

カンペキ主義とは真逆ですね。

 

 

ゲーム感覚で捉えていると、

「当たったらラッキー、
 ダメなら次の行動をしよう」

と言う感覚で次から次へと
行動できます。

そして、仮に失敗したとしても
笑い飛ばしています。

 

要は、心が軽い感じです。

 

 

ゲーム感覚。
この感覚を持っていると、

「試す事を続ける」

と言う事が出来る様になります。

 

 

 

僕自身も思う事ですが、
当たったらラッキー、
当たらなかったら次の行動。

こんな感覚でいいんじゃないかなと
思います。

 

コレがチャレンジにつながり、
大きなブレイクスルーのキッカケに
なります。

 

 

アントニオ猪木も

この道を行けばどうなるものか 
危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし 
踏み出せば その一足が道となり 
その一足が道となる 
迷わず行けよ 行けばわかるさ」 

と言ってます。

 

正解はありませんし、
小さな行動をゲーム感覚で
はじめてみてはいかがでしょうか。

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です