DCAPサイクル

 

 

顧客価値向上パートナーズの
林田です。

 

 

昨日も片道約5時間、
往復約10時間の富山県日帰りの
企業研修に行ってきました。

 

久しぶりに朝が寒かったですね。

北陸も寒かったです。

 

 

 

そして昨日、
企業研修の自分なりのポジションを
見つけた様に思いました。

 

 

教える立場の人が、

・実践している
・机上の空論だけ

の違いは、かなり大きな違いを
もたらすんだなと体感出来ました。

 

 

とはいうモノの、
しばらく企業研修はありません。。。

 

 


 

 

【DCAPサイクル】

 

 

PDCAの打ち間違いではなく、
DCAPサイクルです。

 

 

昨日も早朝の新大阪行き電車に乗り、
乗り継ぎで時間がありましたので
駅構内の本屋さんに入りました。

 

 

無印良品さんの本が出ており、
ササッと立ち読みしていました。
(一応、買いました)

 

 

その中に出ていたのが
このDCAPです。

 

 

 

お金や時間を大量に掛けなければ
出来ない行動って、

そんなにありません。

 

 

大抵の場合は、
お金も時間も掛けなくても出来る事が
必ずあります。

 

 

 

PDCAであれば、

P(計画)において時間を多く
掛け過ぎてしまい、

PDCAを回すどころか、
回る始まりまでの時間が掛かります。

 

 

 

で、本に書いていたのは

「思いつく事はまずやろう」

でした。

 

 

確かに僕もそう思いますし、
単純な僕はまずやってみるという事を
心掛けています。

 

 

 

「早く失敗しなさい」

とこの本の中にかいていましたが、

要は、自分の頭の中にあるアイデアを
早急に世に出し、レスポンスを見る事が
大切だという事ですね。

 

 

売り手の考える価値は、
あくまで売り手の考える価値。

お客さんの価値とは違います。

 

 

 

PDCAを並べ替えただけの話ですが、

D(行動)を頭に持ってくるだけでも年間で
かなりの時間を短縮できると思います。

 

 

そして、結果も早く出ます。

 

早く結果を出したい状況であれば
なおさらです。

 

 

 

 

 

①何が正解か分からないから、しない。

②何が正解か分からないから、やってみる。

 

この①と②で、どれだけ収益、利益が
変わってくるんでしょうね。

 

倍どころでは無いと思います。

 

 

 

 

テキトーにやってみて上手くいったから
もっと手を加えてみよう。。。

と改善してみたところ、
突然うまく行かなくなった経験もあります。

 

練りに練ったのに、、、ですw

 
悲しいですが、
掛けた時間と売上が比例する訳では
ありませんね。
早くやったもん勝ちだと思います。

 

 

 

答えはお客さんが持っている。

コレを忘れてはいけませんね。

 

 

 

 

と言う事で、
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です