ブログ

ホーム » 未分類 » 【見せ方/見られ方】○○だけど△△な人

【見せ方/見られ方】○○だけど△△な人

  
あなたを伴走支援するコンサルタント
わだちコンサルティングの林田です。


今日は朝から子供の保育園行事で
お昼まで外出しています。


来月でとうとう2歳。

ブーブーうるさい時期ですが、
それ以上に可愛いんですよね。

 

父が50歳にして2歳ですから、
20歳の時には父は68歳。

もっと働かないといけません。

 

子供が誇れるお父さんに
なりたいなと思います。


———————————————-

【○○だけど、△△な人】


僕が通っている美容室、
もう10年近く通ってます。


担当の美容師さんは仕事ぶりも
人柄も素敵な方です。


この方、

・たま~~~に失敗もするけど、
 その後の対応がとても誠実

・あまり人の話を覚えてないけど、
 仕事モードのスイッチが入った時は
 「この人プロだな」と思わせてくれる

・ひたすら冗談ばかり言ってるけど、
 常にお客さん軸で考えてくれる

そんな感じです。

 

冒頭に書いた子供の話もそうですし、
(ブーブー言うが、それ以上に可愛い)
この美容師さんのお話もそう。

「○○だけど、△△な人」 

という表現というのは、たいていの場合、
後者の△△の評価の方が強くなります。

 


逆に、悪い人を表現するなら、

・Aさんはとても誠実だけど、
 たまに人格を疑う発言をする

・Aさんはいつも優しいけど、
 余裕がない時はとても自己中になる

・Aさんの仕事ぶりは素晴らしいが
 感情的になった時は手に負えない

みたいな感じです。


結局、「けど」の後が、
その人の評価を現しています。

 

 

という事で、
他者からどう認識されたいか。


僕はまず、
「コンサルタントの前に人である」
という事を大切にしているつもりです。

特に僕は長期的関係を大切にしたいと
思っていますので。


でもこれはあくまで僕の価値観であり、
僕と180度真逆の考えもあります。

 


「○○だけど、△△な人」 

は、有事の際に前者と後者が
入れ替わることもあります。

どんな時かというと、悪く言うなら、
「本性が見えた」時です。


始まり方より終わり方が大切だし、
無事のときより有事の際の対応の方が
本性を現します。

 


僕のクライアントさんの多くの方で
いわゆる「失客」「休眠顧客」への
アプローチを継続的にされている方は
少なくありません。

そして取引が復活します。

それは、それまでのお付き合いの仕方が
良かったから復活するのでしょう。

 


焼畑農業みたいに、
後に何も残らない様なビジネスの
進め方では長期的繁栄が難しくなります。


地に足を付け、土台を大きくし、
コツコツ積み上げていく事ができれば
大崩れはしなくなりますね。


 




伴走型コンサルタント 林田康裕

◇◆お試し相談はこちら◆◇
https://ltv-design.com/ltc/

無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA