ブログ

ホーム » 未分類 » 【伴走支援】「私はブレない」は良い事?

【伴走支援】「私はブレない」は良い事?

  
あなたを伴走支援するコンサルタント
わだちコンサルティングの林田です。

 

いろんな社長とお話をしていると、

「ウチはこれを軸にやってきた」
「このスタンスは変えることはない」

と、強いこだわりを持っている方も
おられます。

 


コロナ禍に(2年ほど前でしょうか)
ある社長さんから相談をお受けしました。

「こういう事をしたい」
(市場動向の変化のため)

「でも、それをやることによって
 ウチのスタンスがブレてしまう」

「なのでどれだけ考えてもできない」

こんな内容でした。

 


「ブレない」というのは、
カッコいい事かもしれません。

ただ、この「ブレない」と言う言葉。

あまりにも抽象的すぎますし
分解する必要があります。

 

たとえば、
ビジョン/ミッション/バリュー。

いわゆる、自社の考えの礎による
「こだわり」なら、何ら問題はありません。


でも、
「今までのやり方」とか、
「売り手としての間違えた思い込み」
という、

「持つべきではないこだわり」は、
状況に応じて変わっていく必要があります。

商売ですからね。


そして、不易流行と言う考えこそが
自らを常にグレードアップさせてくれます。

 

 

市場がそれを求めていて、
それを提供できるリソースはある。

でも実行に移せない。


その理由を考えたときに、
持つべきでないこだわりに支配されてると
いつまでも殻を破れません。

 


伴走支援というスタンスで
経営者さんをサポートしていると、

「そう考えたら実行できる!」

と、一気に道が開けることは
少なくありません。


商売歴が長いからこそ、
自社を客観的に見ることができずに
「盲点」に気がつかなくなるのです。

 


神様はうまく人間を作ったなあ、
とつくづく感じるのは、
自分を100%客観視できる人は
いないという事です。

どこの誰であれ、
どんな偉大な社長であれ、
自分を100%活かす事は不可能です。

 


他者からの押し付けではなく、
自分から「それならやりたい/やれる」
と前のめりで実行したくなる取り組みを
見出すのが伴走支援です。

 


現状を打破できない理由は、
技術や知識が不足しているからなのか?

そう言う訳ではありません。

 

既に持っている武器をさらに
活かす術は必ずあります。


それを考えぬく事が大切であり、
それを「外部頭脳」としてこれからも
支援をしていきたいと思います。

 




伴走型コンサルタント 林田康裕

◇◆お試し相談はこちら◆◇
https://ltv-design.com/ltc/

無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA