ブログ

ホーム » 未分類 » 不安を書き出すと成果が上がる

不安を書き出すと成果が上がる

  
林田です。

 

僕は毎朝、筋トレの後に
日記を書いています。

タスクはもちろんですが、
・昨日うまく行かなかった理由
・その上で、改善すべき事
などなども書いています。

 

ある本にこんな事が書いてたので
それをそのまま活用しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

アメリカのどこかの大学で、
ある実験が行われました。

 

テストの前に、

①静かに座っているだけ
②テストについての感情、考えを書き出す
③今の気持ちと関係ない事を書き出す

この3つのグループに分け、
テストを受けてもらったそうです。

 

すると、
①と③の人は正答率が7%下がり、
②は正答率が4%上がったそうです。

 

4%というと、テストで言うなら1問くらい。
100点満点中の4点ですね。

 

でもこれがいざ受験となるなら、
命取りにもなり兼ねない差です。

 

 

 

これが毎日となると、
とんでもない開きになっていきます。

 

書く事で、脳が整理されます。

 

もし、書いているのに整理されない、
もしくは、書いているのに改善されないなら、
それは書き方が雑なのかもしれません。

 

 

 

・過去になぜ失敗したのか
・一番ネックになっている事は何なのか
・いつまでにしなければいけないのか

特に、「なぜ失敗したのか」を
明確に書き出すことは重要だと思います。

それだけ自分と向き合うって事ですし。

 

 

上記の事例に関する実験で、
ポジティブな体験を書いてもらうよりも、
ネガティブな体験を書いてもらうほうが、

・メンタル部分の改善
・ワーキングメモリの大幅な改善
が見られたそうです。

 

 

目をそむけたくなる事をあえて書き出す。

それだけで脳がスッキリし、
効率よく仕事ができる様になるって事ですね。

 

お金の不安なんかに関しても、
しっかり計算することによって

「いつまでにどれだけになれば大丈夫」

というのが見えてきます。

 

そうすると、過剰な焦りも軽減します。

 

 

 

いずれにしましても、
こういった事を習慣化する事は大切だと
僕は思います。

地味でも続けていくと、大きなものに変わります。

 

 

整理する、自分と向き合う。

日々、少しずつ精度を高めていければ
いいですね。

無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA