ブログ

ホーム » 未分類 » あなたは何屋さんですか?

あなたは何屋さんですか?

  
あなたを伴走支援するコンサルタント
わだちコンサルティングの林田です。

 

あなたはご自身のことを
何屋さんと考えているでしょうか?

 

たとえば、下駄屋さん。
下駄が売れなくなったら、終わりです。

もし、自分の事を履き物屋さんだと
捉えていたら、他の履物を売るでしょう。

 


僕がよく利用する、果物屋さん。

ここのオバチャンは、
花もたくさん取り扱っています。

「ウチは果物屋と思ってないねん」
「贈り物屋さんやねん」
「だから、おめでたい時に贈る花も
 取り扱ってんねん」
と言っていました。

 

僕の顧問税理士さんは、
「私は税理士です」と言います。

ですが、
僕とコンサルティングという形で
お付き合いしてくれている士業の方々は、
「私は○○士です」とは言いません。

「経営者さんのお困り事を解決する人だ」
ザックリ言うと、そう言う風に答える方が
多いです。

 


では僕は?と言いますと、
コンサルタントとは思っていません。


「経営者さんが望む理想の未来を
 実現する為の支援者、伴走者」
というイメージです。

なので、僕の専門分野でないとしても
経営者さんのお役に立てるのであれば、
しっかりとお話をお聞きし、
できる限りの事をやろうとしています。

 

 


僕が今日言いたいのは、

「商売の枠を自ら狭めてませんか?」

という事です。

 

「私は○○の専門家です」という言葉。

これは、自己評価にすぎないのでは、と
僕は思います。


あなたのお客さんにあなたの事を聞いたら、
あなたの評価と100%同じ回答を
するでしょうか?

きっと、しないと思います。

 


私たちは、
ときにはジャンプする事も大切です。

自分の殻を破らなければ、
現状維持が待っているだけです。

 


今提供しているサービスの延長上で、
もっと出来る事は必ずあるはずです。

 

そして僕はこれからも、
クライアントさんのさらなる可能性を
見出し続ける人でありたいと思います。

 


いま苦しんでいる状況であれば、
思考の枠を取り払うことは大切ですね。

 

 

無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA