ブログ

ホーム » 未分類 » 意図を伝えないとこうなる

意図を伝えないとこうなる

林田です。

 

僕とお付き合いいただいている、
ある社長さん。

 

あるお客さんが来社する当日、
どうしても出かけなければならない
用事が出来てしまいました。

なので社長はその旨をお客さんに伝え、
同時に、従業員Aさんにそのお客さんの
窓口として対応しておく様に伝えました。

 

 

そして夕方、社長が会社に戻り、
従業員Aさんに尋ねたところ、

「私じゃなくBさんに対応してもらいました」

との事でした。

 

もちろん社長はビックリです。

 

「なぜそうしたの?」
と社長がAさんに尋ねると、

「Bさんは柔軟に対応するのが上手いから」
という回答でした。

 

 

社長は、今後の窓口をAさんにしようと
思っていたのでAさんに依頼しました。

ですが、その意図をAさんに明確に
伝えていなかったのです。

 

 

 

社長というのは基本的に、
言葉数が少ないものです。

 

Aさんに成長する機会を持ってもらおうと
思ってお願いした上記の話。

Aさんは、「社長に迷惑を掛けない様に」
という意図でBさんに対応してもらいました。

 

社長の指示通りにしなかったAさん。
でも、Aさんなりの考えがあって
この様な対応をした、という事です。

 

 

これはどちらが悪いという事ではありません。

 

何が大切かというと、
従業員にお仕事を依頼するときは
しっかりと意図を毎回伝えるという事ですね。

 

 

 

日々身銭を切って働いている社長。
固定の給料が担保されている従業員。

考え方がちがって当然です。

 

 

昨日の話ではありませんが、
信頼と信用は似て非なるものです。

 

 

 

僕が20代の頃というのは、
「見て学べ」が当たり前でした。

でも今はそういう訳にいきません。

 

 

しっかり言葉でコミュニケーションを
取る事。
これは今後も引き続き大切ですね。

 

 

 

意図を伝える事。

毎回伝えるくらいが良いと思いますし、
今以上にその意図をしっかり伝えるために
小さな改善ができる所を探してみるのも
新たな気付きが出るかもしれないですね。

無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA