「想像」がいちばんキケン

林田です。

 

コンサルタントである自分には、

・表の顔(コンサルティング時)
・裏の顔(クライアントさん獲得)
2つの顔があります。

 

まあ、裏、という言い方はなんか
ちがう気がしますけど。。。

 

とにかく僕も集客という活動を
しなければなりません。

 

 

 

集客がうまく行く時、行かない時が
あります。

 

うまく行かない時というのは、

~~~~~~~~~~~~~~~~~
「きっと~だろう」
「〇〇にちがいない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~
という、
「確証バイアス」が働いている時です。

 

 

確証バイアスとは、
自分にとって都合よい情報だけを取り上げ、
自分の考えを「自分は間違っていない」と
言い聞かせる様な行動みたいなもんです。

 

 

このパターンでやってしまうのが、

「単に自分が言いたいだけの事を言う」

というものです。

 

こうなると、本当にうまく行きません。

 

 

 

 

いっぽう、上手く行く時。

 

うまく行く時というのは、
~~~~~~~~~~~~~~~~~
感情と事実をしっかりと分け、
情報収集をしっかりと行っている
~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんな時です。

 

「リサーチ」という、
材料集めを欠かせてはいけないな、
いつもそう思います。

 

 

 

集客などがうまく行かない時って、

競合の調査、お客さんからのヒアリングを
「やったつもりになる」
事がほとんどです。

 

「お客さんが〇〇と言ってました」

「〇〇と言っていたのですか」
「そのお客さんは〇〇をどういう意味で
言っていたのでしょうか」

「う~ん、それは、、、」

であれば、情報収集が浅はかなままで
終わってしまっているとも言えます。

 

 

 

「きっと〇〇だろう」

お客さんの事をこの様に想像レベルで
解釈してしまうと、
自分の都合よい解釈にしてしまいます。

 

 

何をして良いか分からないときは、
情報収集が不足している可能性が高いです。

 

 

・競合
・お客さん
・従業員

どの様な方に対しても、
想像は自己満足に向かわせてしまうので、
気を付けないといけないですね。

 

 

 

望む様に進んでいないときは、

「なぜ思う様に進んでいないのか?」

たまにはこの様な自問自答をするのも
よいキッカケになると思います。

 

 

追伸:
申し訳ありませんが、
下記は近々、大幅に値上げさせて頂きます。

お考え中の方はお早めにご利用ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ltv-design.com/tcm/




無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です