「わざと」行動に制限を掛けてみる

林田です。

 

未来に進むためのの選択をするときは、
(緊急ではないが重要なこと)
わざと時間をブロックする、

というのはよく言われると思います。

 

これと同様に、
「わざと」行動に制限をかけることは
とても大切だと思います。

 

 

たとえば、
従業員を雇用している経営者さん。

どこかのタイミングで、
自分の仕事を従業員に振り分けなければ
ならないタイミングが来ます。

 

今はまだ自分でできる。
でも、ゆくゆくは従業員に任せたい。

この様な業務の場合だと、
「いつから任せるか」を決めなければ
なりません。

 

他にも、
自分ひとりで商売をしている場合。

ひとりだから自分でルールが決められる。
なので長く働く時間を取っている。

けれども、
家族やプライベートのことを考えると、
もう少し休みを取りたい。

今はたくさんの時間働いているから
売上があるけど、
正直な所、もう少しお休みを増やしながら
売上を維持、もしくは今以上にしたい。

 

この様な考えがあるなら、
「いつからそれを実行するか」を明確に
決めなければ進みません。

 

 

 

現状に甘んじていると、
「今」の行動を見直そうとしません。

逆に、今を見直そうとすると、

・働く時間を制限する
・自分の1時間あたり単価を見直す
・1日の効率をもっと上げる
・社内にいる時間を短くする

もっと色々とあるでしょうけど、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「制限」が自分をさらに成長させてくれる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という事を体感できると思います。

 

 

 

商売をしていると、
意外と気が付けない事として

「時間は無限にある」

という風に、時間はなんぼでもあると
(土日返上で仕事しちゃうとか)
考えてしまう事があります。

 

 

商売を始めた目的は何だろうか。

それを考えると、
仕事のために時間をたくさん取ることは
(人によって解釈は違うでしょうけど)
良いのかどうか、明確になってきます。

 

 

もし、まだ満たせ切れていない要素が
何かしらあるなら、

それは「何かをわざと制限する」事で
なにか変わるかもしれません。

 

自分の中に意図的に違和感を作ることも
成長のキッカケになるんだと思います。

 

 

コンフォートゾーンから抜け出すと、
いやでも動こうとするものです。

投資もその1つですよね。

 

 

わざと違和感を感じる機会を作る事も
あらゆる気付きのキッカケになると思います。

 




無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記から今すぐご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です