どこまでを「失敗」と捉えるか

わだちコンサルティングの林田です。

 

大きな成果を出している経営者さんほど
大きな失敗経験をお持ちですよね。

多くの失敗経験をされている方は
ホントにカッコいいなと僕は思います。

 

 

失敗に対してどれだけ真剣に向き合うか。

代表事例が、
・医療の業界
・航空の業界
のちがいです。

 

医療の業界は、
誰かが手術などで亡くなったとしても
その原因が最後まで明らかになりません。

なので、いつまで経っても疑念が残る
状態のままになります。

改善なんて起こる訳がないですよね。

 

航空の業界は、
フライトレコーダーなどの音声記録、
いわゆる、ブラックボックスを確認し
失敗理由を特定し、次に生かしてます。

業界全体で過去の失敗を真剣に分析し
同じ失敗が起こらない様にしています。

進化し続けて当然の取り組みだと思います。

 

 

 

 

失敗って、
どこからどこまでを失敗と捉えるかで
その先の進み方が変わります。

 

たとえばですが、

【慢性的にうまく行っていない事だが
『そのうち良くなるさ』と考えて、
まったく改善していない取り組み】

も、失敗と言えば失敗です。

 

この様に、

「今までの当たり前」

を失敗と思うのか、
それとも、改善不可能な事だと思うのか。

コレによって本当に成果が大きく
変わるんだと思います。

 

 

 

今のすべての事を「当たり前」だと
解釈してしまうと、
改善の為の取組みを一切しなくなります。

 

 

スポーツでも何でもそうですが、
プロとアマの違いは、細部にあると
よく言われます。

 

一見、やっている事は変わらない。
だけど、成果には雲泥の差がある。

差を出している人はその差の理由を
明確に分かっているんだと思います。

差を出されている側の人は、
その差を「たまたま」という風に
考えていたりします。

 

 

 

 

同じ様なビジネスが多いなか、
ちがいを出すのは細部であって、
その根源は「現状をどう見ているか」に
あるんだと思います。

 

もう改善の余地はないと思えば、
それまでです。

 

 

まだまだ改善できると思えば、
まだまだ伸びしろを見つけられるんだ。

と自分にも思い聞かせて、
今年はやり続けようと思います。

 

 




無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です