giveの人/takeの人、どっちが成功する?

わだちコンサルティングの林田です。

 

お正月に読んでいた本で面白い事が
書かれていました。

 

give&takeについて。

 

 

世の中には3種類の人がいると言われてます。

giveの人。いわゆる与える人ですね。
takeの人。うばう人です。
そして、調整をはかる人。

 

giver、taker。
そして調整をはかる人はmatcherと
言われています。

 

 

 

 

面白い調査結果があります。

giverとtakerとmatcher、
はたして誰が一番成功するのか?について。

 

この調査結果では、あらゆる業界で
「最も成功していない人は誰か?」を
調べています。

 

 

最も成果を出せていない人は上記3種の
誰だと思いますか?

 

 

 

実は、、、

最も成果を出せていない人は
giver(与える人)なんです。

意外な結果ですよね。

 

でも、それとは真逆で、
「もっとも成功している人は誰か?」
を調べると、それもgiverなんだそうです。

 

 

 

 

なぜ同じgiverでも、
もっとも成功する人もいれば最も成功しない人も
いるのでしょうか。

 

これを端的に言うと、

「自己犠牲をともなうgiveをしている人は
成果を出せていない」

という事らしいんです。

 

もう少し具体的に言うと、
「人当たりが良さそうに寄ってくる
giverのフリをしたtakerにgiveを与えてる」
という人が、成果を出せていないというのが
調査で分かったらしいんですよね。

 

 

 

 

確かに、います。

単にtakerの顔で寄ってくる真のtakerもいれば
giverのフリをしたtakerもいる。

 

 

自己犠牲とは、
要は与えても奪われっぱなしの人に対しても
ひたすらgiveをしている人、とも言えます。

そんな人が成果に繋がっていないそうです。

 

 

 

 

お付き合いする相手を選ぶ事は大切だ、
と言われます。

それこそtakerの本性を持っている人に
与える事ばかりをしていても、
自分の身を削るだけなのかもしれません。

 

となると、
やはり自分がお付き合いする人の基準を
明確に持っておいた方がいいのかもしれないですね。

 

僕も今までの経験上で、
お付き合いする人/しない人の基準を
いくつかの指標で明確にしています。

その結果、今は本当にお付き合いしたい人しか
お付き合いしていません。

 

 

 

giveもtakeも両方必要なんだと思います。
むずかしいですけど。

 

大切なのは、
・相手を間違えないこと
・自分の犠牲を払い過ぎて被害者意識になるまで
やらないこと
などなど、色々と個人の価値基準次第ですね。

 

やっぱり、あり方って大切だな、
この本を読んでそう思いました。

 

 

 

 

小さな違和感こそ大切にしたいですね。

自分に敏感になる。
それが成長の最も大切なポイントだなと
僕は思ってます。




無料メールマガジンでは、
ほぼ毎日この様な記事を発信しています。

ぜひ下記からご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です