「分かってる」より「出来てるかどうか」

わだちコンサルティングの林田です。

 

最近はホントに色んな方とお話する機会が
増えてます。

というより、増やしています。

 

そんな中、
筋トレが趣味の方を見つけたら
やたら嬉しくなります(笑)

——————————————————-

【「分かってる」より「出来てるかどうか」】

 

とある専門家の方から学ぶ機会を
いただきました。

 

その分野の事について、
僕はまったく何も知りません。

なので素直になって聞き、行動する。
それ以外に選択肢はありません。

 

 

 

自分がまったく知らない分野って、
素直になって学ぶ事ができるものです。

ゼロの状態ですからね。

 

 

でも、何のために学ぶか?と言うと、

【成果を出すため】

が本来の目的だと思います。

 

となると、素直になって学ぶものって

「知らない事」じゃなく、
「成果をもっと出したい事」のはず。

 

 

 

少し学んだ事を「分かったつもり」になると、
ロクな成果を出す前から人の話を
素直に聞かなくなったりします。

 

「はいはい、それは既に知ってるんですよ」
という感じですかね(笑)

 

 

 

 

「知ってるけどやってない」
「知ってるけど行動に移せていない」
「知ってるけど成果に転換できていない」

このいずれかの要素があるなら、
何か相応の理由があるはずです。

 

そして、こういった要素こそ、
再度ゼロから素直に聴く/学ぶ/行動する事が
とても大切じゃないか?

上記の経験でその様に思わされました。

 

 

 

 

色んな事が良くかみ合ってたら成果が出るし、
かみ合ってなかったら成果に反映されません。

 

求めている結果を得られていないなら、
必ず理由があります。

 

もし、
「理由は分かってる」と思うなら、
その理由を解決する為の事をしなければ
なりません(やっていない状態なんでしょう)。

 

 

 

「〇〇が揃えば」
「〇〇の準備ができれば」
「〇〇の状態になれば」

と、時を待たなくても、
今すぐでも前に進めるための行動は
何かできるはずです。

 

 

素直さを忘れていないかどうか。

成果がドンドン出ていたという時はきっと
素直に行動していた時だと思います。

 

さらに前に進むための思考でありたいですね。

 

追伸:
2022年の準備、
やる人はもうやってます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ltv-design.com/2021m/

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です