他業種から「be」をパクる

わだちコンサルティングの林田です。

 

僕はご存じの通り、コンサルタントです。

しかし、
一般的なコンサルタントのビジネスモデルには
以前から違和感を感じています。

 

というのも、
コンサルタントのビジネスモデルは
他業種よりも集客依存度が高いからです。

 

その理由はカンタン。

お客さんとの関係が長く続いていないからです。

 

 

 

集客せざるを得ない、
しかもその頻度がとっても高い。

これがコンサルタント業界の常識になっています。

 

 

 

僕は、
「1対1で、より深く、より長く、
お付き合いを続けていきたい」
そう思っています。

 

見知らぬ誰かと新たにお付き合いするよりも、
既に関係のある方とさらに深い関係を構築し
さらなる価値提供ができる自分になる。

それが理想です。

 

となると、
僕は同業のビジネスモデルを参考にする事は
意味を為さない、という事になります。

 

なので、
「1対1で、より深く、より長く、
お付き合いを続けていきたい」
を実現している他の業界を見る必要があります。

 

 

1業種だけを見た訳ではありませんが、
上記の事を実現している業界は複数あります。

そしてそれらを統合すれば、
僕が理想とするビジネスのモデルを
構築する事ができます。

 

 

 

他業種がDMをやってるから、
他業種がSNSで広告を打ってるから、

という風に、
「他業種が『やっている事』」
をパクるのではなく、
そもそもの『考え方』をパクる事は
とても大切だと僕は思います。

 

 

考え方。

いわゆるbe-do-haveのbeに近いですかね。

 

 

 

 

僕は最初は同業の成功パターンを
パクる事をしていました。

手っ取り早いですからね。

 

でもそこに僕が求める答えがない事に気付き、
同業種の成功パターンを追いかけることは
ほとんどなくなりました。

 

 

 

 

自分が目指すのはどんな所なのだろうか?

そしてその目指すところに到達するために
どんな学びをする必要があるんだろうか?

 

明確な答えが出ないとしても、
そんな事を考える習慣を持つ様にはしています。

 

 

 

そして今日はこの後も
長くお付き合いいただいている社長さんと
1日を共にさせていただきます。

社長さんが現役を退くまでお付き合いを
させてもらえたらな、そう思っています。

 

 

 

コロナ禍以降なのか、
やり方よりもあり方を問う人が増えてきている
気がします。
(気のせいですかね)

 

自分が目指す目的地は明確に持っておきたいですね。

というお話でした。

追伸:
今日まで募集しています。

2022年、良いスタートを切る準備を
ご一緒にしませんか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ltv-design.com/2021m/

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です