オンラインビジネスのとらえ方

わだちコンサルティングの林田です。

 

今お付き合い頂いているクライアントさん達は、

・WEBで100%ビジネスが完結している
・入口はWEBが9割、その後はオフライン
・WEBはリアルで出会った方向けの説明用
・サイトはとりあえず作ってるだけ

という感じで、
WEBの使い方が人によって様々です。

 

 

僕の場合は、
カミソリのようなエッジが効いた訴求を
している訳でもありませんので、

ニッチな価値がグローバルに伝わり、
共感してくれる人が増えてくれたらいいな、
そんな感じで発信しているつもりです。

 

 

実質、仕事のほとんどはオフラインですし。

 

オンラインには経済的効果を
期待していません。

 

メルマガで反応してくれる人のほとんどが
メルマガ購読歴2年以上だったりもします。

 

 

 

僕自身はあらゆる意味で
「WEBでラッキーがたまにあればいい」
という感じで捉えています。
(今は、ですが)

 

でも、もし僕が
「WEB=集客のメインツール」
と考えているなら、
発信の方向性もきっと違うと思います。

 

 

 

やっぱり大切なのは、

【物事に対する定義づけ】

じゃないかと僕は思います。

 

それこそWEBに対する定義がブレてたら、
発信の内容もベクトルもズレてしまいます。

 

 

・「出会い」に対する定義づけ
・「集客」に対する定義づけ
・「従業員」に対する定義づけ

それこそ、
「ビジネス」に対する定義づけなんかも
ブレるとおかしくなりますよね。

 

ビジネスが人生の全て、と考えてる人と
ビジネスは繋がり、と思っている人とでは
捉え方も行動も時間の掛け方も違いますし。

 

 

 

 

自分で仕事をしていると、

「最近ブレているかも」

と思う瞬間を経験した事がある方も
いると思います。

 

そんな時は、
小手先の進め方を見直すのではなく、
物事に対する定義づけをいま一度考える方が
よりより改善、気づきがある様に思います。

 

 

 

オンラインに対しても、
その他の事に対しても。

 

定義づけはすべてを決めると言っても
言い過ぎじゃないと思います。

 

というお話でした。

 

では今日も楽しくいきましょう。

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です