ひと言目がすべてを決める

林田康裕

わだちコンサルティングの林田です。

 

僕がこの仕事をしていて感じるのは、
ひと言目に投げかける言葉の重要性です。

 

 

例えばですが、僕のようなコンサルタント。

 

クライアントさんとのご面談の冒頭で、

「今日はどんな事を相談したいですか?」

とお聞きすると、
≪相談事が明確にある前提≫でお話をお伺いする、
という事になります。

 

となると、前提ありきの時間になるので、
betterかもしれないけど、bestな時間活用が
できない可能性があります。

 

 

仮に、ご面談冒頭の上記の質問を、

「今日はこの時間をどう活用したいですか?」

とお聞きすると、
時間の活用の幅が大きく広がります。

 

 

相談したい事がある時もあれば、
整理したいだけの時もあるし、
この先の道のりをどうしたら良いか
明確ではない時もありますよね。

 

 

 

 

対象が誰なのか?によって、
ひと言目の投げかけは変わると思います。

 

例えば従業員に対しての最初の質問が

「何か相談したい事ある?」

と聞くと、、、

「ん~~~~、特にないです・・・」

と、歯切れ悪く終わる事もあります。

 

心のなかでは
「ホントは相談したい事あるやろ」
と思いつつ、従業員が黙ったまま。。。
みたいなのは辛いところですよね。

 

 

この質問を、

「最近どうよ?」とか、
「最近、どんな事考えてるの?」

みたいなフランクさを含んだ質問に変えると、
会話の糸口の幅が大きく増え、弾んでいく可能性も
高まります。

 

 

 

という感じで、
ひと言目の問いかけって本当に大切だと思います。

 

 

 

知らず知らずのうちに、
私たちは相手を制限してしまっている事も
きっとあると思います。

 

僕みたいな仕事で感じるのは、
社長さん/起業家さんは毎回、相談したい事が
明確にある訳ではない、という事です。

従業員でもそうかもしれません。

 

何となく考えている事はあるけれど、
何をいつまでにどうしたいのかよく分からん…
の様な時もあるでしょうし。

 

 

 

 

会話はあらゆる可能性を広げます。

その会話をより弾むようにするには、
最初の問いかけが大きなカギになってきます。

 

 

接客業でもそうですよね。

「こんな感じでいいですか?」と聞くと、
はい、か、いいえ、でしかお客さんは
回答しないでしょうし。

 

 

何となく、いつもと同じパターンで
お客さんはその他の人に問いかけている言葉も
きっとあるかと思います。

 

その使っている言葉、最適な言葉でしょうか。

 

他者の可能性ももっともっと引き出せれば
色んな事が今以上に成し遂げられると思います。

 

 

というお話でした。

 

今日も楽しくいきましょう。

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です