自分は「誰」でありたいのか?

--------------------

今のリソース(資源)だけで成果が飛躍。
あなたが主役として活躍し続ける伴走型
コンサルタント

--------------------

わだちコンサルティングの林田です。

 

メッシがパリ・サンジェルマンに移籍。
サッカー業界がヤバイですね!

 

ネイマールとエムバペとメッシの3トップ。
世界一を競うフォワード3人が共闘です。

テレビゲームで作った最強のチームですよね。

 

 

でもチームスポーツなので、
こんなすごいメンバーでも負ける事があるのが
またサッカーの面白いところです。

 

———————————————————

【自分は「誰」でありたいのか?】

 

昨日はある社長さんから個人的なご相談事を
お聞きしていました。

まあ、僕はキレ味のある回答も出来ずなので
お聞きしているだけ、みたいな感じでしたが。。

 

 

僕は仕事という所で線引きしたくない方なので、
仕事以外のご相談をお受けする事は僕にとっては
本当に嬉しい事です。

 

 

 

今の仕事をしていて思うんですが、
自分は「誰」でありたいのか?

これはとっても大切だなと思います。

 

 

人によっては、

・役に立つ情報を提供する人
・先生的な立ち位置で仕事をしたい人
・裏方役でいたい人
・いつも頼られる存在でいたい人
・よきパートナーでいたい人

どんな「誰」でありたいのか。
いろいろあると思います。

 

 

 

「何屋さんか?」

として仕事をするかどうかも
大切でしょうけど、

特に最近は、

「どんな存在なのか?」

の方がより大切になってきている様に
感じます。

 

何屋か?で評価されていると、
代わりの同業者はたくさんいますし。

 

 

 

「あの人はどんな人なの?」

あなたをよく知っている人が
第三者からこの様に問われた時、

その人は何と答えるでしょうか。

 

これが、あなたは「誰」なのか、を
表現しているんだと思います。

 

 

何屋さんか、よりも、誰なのか。

〇〇屋さんだ、と言われるよりも、
〇〇な人だ、と言われる方がきっと
価値が伝わっているんだと思います。

 

 

 

 

競合が多い中で、選ばれる理由。

これは、
ブランディングやポジショニングでは
入り口(短期)だけの訴求になっちゃいます。

 

 

それよりも大切な、「誰」なのか。

こちらを定義するのは目の前の方であり、
自分ではありません。

 

さらに言えば、
お付き合いの中で「誰か」というのを
定義されます。

 

 

自分が定義するのではなく、
こう思われたい、と思っている様に
相手に定義されたいですね。

 

その為には何が必要なのか。
それはビジネス上の強みだけでは
ないと思います。

 

 

今からフェリーに乗って徳島に行きます。

見直し時間がないので、
誤字脱字があったらすいません。

 

という事で、
サラリーマン時代からお世話になっている
社長さんに会いに行ってきます。

 

では今日も楽しくいきましょう。

★★★★★
「ビジネスモデルを見直したい」
「自分が今後どうしていきたいか整理したい」
など、個別で相談したい方はコチラ
https://24auto.biz/hayashida/registp.php?pid=11
★★★★★

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です