プロが答えられなかった質問

--------------------

今のリソース(資源)だけで成果が飛躍。
あなたが主役として活躍し続ける伴走型
コンサルタント

--------------------

わだちコンサルティングの林田です。

 

今日は広背筋と僧帽筋が激しい目の
筋肉痛です。

チンニング(懸垂)もオモリを付けて
少しずつできる様になってきました。

 

—————————————————–

 

オリンピックに参加中の外国人選手は、

「日本の暑さはハンパじゃない」

と言ってますよね。

 

たしかに蒸し暑さはスゴイですよね。

でも、私たち日本人にとっては当たり前。

 

 

で、質問なんですが、、、

「日本の夏はなぜ蒸し暑いのか?」

これ、正しく答えられるでしょうか?

 

 

もちろん僕も答えられなかったのですが、
ネットでカンタンに調べてみると、

・日本は島国、夏は海洋性高気圧に覆われる
・海洋性高気圧は湿気を多く含んでいる
・海洋性高気圧の下は湿度が高くなる
・なので蒸し蒸しする

からだそうです。

 

言われたら、そりゃそうだ、ですね。

言われたら、、、です。

 

ちなみに秋が蒸し暑くないのは、
中国からの大陸性高気圧(カラッとしてる)に
覆われるからだ、との事です。

 

 

 

以前、とある美容室経営者さんに
(経営されて15年くらいの方)

「〇〇さんはスカル〇Dは良くないと
言いますが、それはなぜですか?」

という質問をしました。

 

その方の回答は、
「皮脂を取り切ってしまうから」
との事でした。

 

そして僕はさらに質問をしました。

「皮脂を取り切ったら何がどうダメなんですか」

と。

 

「皮脂は頭皮を守ってくれるから」

「じゃあ、皮脂取ったらダメなんですよね」

「適度に取るのが大切なんですよ」

「適度ってどれくらいなんですか」
「市販のシャンプーも適度に皮脂を
取ってくれるんじゃないんですか」

「・・・」

 

ウザイ客みたいですが、
こんな事をいろいろ聞きました。

僕は自分の髪を大切にしたいので
自分の為に深く知っておきたいと思って
深くお聞きしただけです。

 

ですが、明確な回答は得られませんでした。

 

まあ、色んな説があるでしょうから
どれが絶対正しいというのはないでしょうが。

 

 

 

何気に「当たり前」と思ってる事って、
深く理由を考える事なくやり過ごしてる事が
多い様に思います。

 

前半で書いた日本の高湿度についても
そうだと思います。

 

 

プロって、
「問われた時は的確に答えられる」
というのが大切に思います。

問われる前に言っちゃうと、
単なるエゴになりますが。。

 

 

 

「なんで?」

というお客さんの問いに対し、

【お客さんが分かるレベルの言葉で
分かりやすく伝える能力】

ってとっても大切だと僕は思います。

 

難しく答える事ができても、
それがお客さんに伝わらなければ
意味を為しません。

欲しくもなりませんしね。

 

 

 

知識が深い人であればあるほど、
カンタンに表現するチカラがあるなと
僕は思います。

 

 

ひと言で言うと、どういいのか?

これが言えるか言えないかのちがいが
価値を的確に伝えられるかどうかだと
思います。

 

「〇〇と〇〇と〇〇をミックスした
独自のメソッドによって、
〇〇を実現可能にし、、、」

なんて言われても、どうでもいいですよね。

 

上記のシャンプーの事例でも、
めちゃくちゃ難しく説明されても
途中で聞く気が失せるでしょうし。

 

 

 

自分の価値をひと言で言うと、
どういう表現になるのか?

いかに分かりやすく、
いかに興味を持てる表現ができるか。
(誇張ではなく、です)

 

永遠のテーマだなと自分事でも思います。

 

 

という事を何気に思いついたので
今日のネタにしてみました。

お客さん軸で考えるのは大切ですね。

では今週も楽しくいきましょう。

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です