独裁政治の作り方/カリスマになる方法

 

--------------------

今のリソース(資源)だけで成果が飛躍。
あなたが主役として活躍し続ける伴走型
コンサルタント

--------------------

わだちコンサルティングの林田です。

 

・度を超せば、独裁政治
・カリスマになりたい人はカリスマに
・伝えたい事を的確に伝えたい人は相応に

という、
ご自身の加減次第で対応できる話です。

 

あと、

【情報にまどわされない生き方】

の話でもあります。

 

 

 

「真理の錯誤効果」

というのがあります。

 

ある情報に何度もさらされると、
人はそれを真実だと信じやすくなる。

というモノです。

 

間違った話を何度も聞くと、
人は正確な答えを知っていたとしても
その間違った話を信じてしまうという
傾向があるそうです。

こわいですよね。

 

 

それを理解していたナポレオンは、

「話術において本当に重要なことは
たった1つしかない。
すなわち、繰り返しだ」

と言ってます。

 

 

そして独裁政治といえば、ヒトラー。

彼の基本原則というのは以下の通り
だったそうです。

—————————————-

大衆を冷静にさせてはならない。
失敗やまちがいを認めてはならない。

敵のなかにも優れた部分があると
認めてはならない。

代替案の余地を残してはならない。

非難を受け入れてはならない。

一時に一人の敵に集中し、
何か不都合があればすべてそいつの
責任にする。

人は小さな嘘よりも大きな嘘を
信じやすい。

そして何度もくり返せば、
大衆は遅かれ早かれその嘘を信じる。

—————————————-

見事に人間の心理をついた考えですよね。

 

 

 

テレビで各都道府県知事のなかで
一般の方々に「理想の都道府県知事」
というアンケートを取ったそうです。

 

ランキングの順列はなんと、
テレビでの露出が多い順だったそうです。

 

 

 

という風に、
私たちは日々、情報に操作されがちです。

 

オバマさんの「You can do it」なんかも
それかもしれませんね。
(彼が何をなし得たか僕は理解してません)

何度も言ってましたし、
彼と言えばこの言葉が先に出ますよね。

 

 

 

発信する側としては、
「何度も対象の方に伝えること」
が大切だという話だと思います。

 

受け取る側としては、
「見るメディア次第で知らぬ間に
思考が上書きされている」
という事だと思います。

 

 

僕も最近はあまりテレビを見ません。

変な刷り込みも受けたくないですし。

 

 

ちなみに、オマケの話ですが、

「正確な情報よりも早く伝わるのは、
怒りの感情が伴う情報発信」

だそうです。

 

 

 

 

自分が受信する情報を整理しないと、
正しいかどうか分からないような情報に
巻き込まれてしまいます。

それと、
発信側としてどう振る舞いたいのかも
大切だと思います。

 

 

冒頭にも書きましたが、
度を越せば独裁政治のような状態にも
なっちゃいます。

 

 

情報の受信も発信も、
適度なバランスが大切だなあー、
というお話でした。

 

自分らしさは踏み外したくないですね。

 

★ご感想・ご質問はコチラ★
https://24auto.biz/hayashida/registp.php?pid=4

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です