この作者が言いたい事は何か?

———————————————————————–

今のリソース(資源)だけで成果が飛躍。
あなたが主役として活躍し続ける伴走型の
コンサルタント

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

入試の季節という事で、
昔なつかし、国語のテストの話です。

 

小説などの一部分が書かれていて、

「この作者がここで言いたい事は何か?」

っていう問題、ありましたよね。

 

国語が苦手だった僕は、
特にこの手の問題は頭痛の種でした。

 

 

コレ、おもしろい事に、
出題者の考えた答えというのを
当の作家に聞いてみると、、、

「そんな事思ってもいなかった」

というのが大半なんだそうです。

 

大学受験のテストなんかでも
この様な問題があったと思います。

 

人の人生を大きく変える受験でも
使われているこの様な言葉の問題。

それでも齟齬(そご)が生じるくらい、
言葉は難しいという事でしょう。

 

 

 

数年前、
身内にご不幸があった方がおられ、

その方にメッセージで相応の想いを
考えに考え抜き、送った事があります。

 

すっごい考えました。

書いては消しを繰り返し、、、
これで気持ちは的確に伝えられる…
そう思って送らせて頂きました。

 

すると、、、

「ヒドい!」

という返答が返ってきたのです。

 

え!?どうして??
まったく理解できませんでした。

 

僕の想いが言葉として的確に
伝わらなかったという事でしょう。

 

 

という風に、
言葉で伝えるのは本当に難しいと
思います。

特に面と向かっての会話じゃなく、
メッセージとなるとなおさらです。

 

とはいえ、
私たちは情報発信することによって
影響力を最大化できるという面もあります。

なのでやはり言葉で発信するチカラを
高めていく事は大切だと思います。

1対多のビジネスならなおさらです。

 

 

 

相互理解というのは、
よほど親しい関係の人ならツーカーで
伝わりますが、

一般的にはやはり言葉を使うことが
求められます。

 

 

また最近、新たなアプリの様なものが
話題になっていますが、

どんなツールを使ったとしてもやはり
言語化能力が問われると思います。

 

 

 

僕はこうやってブログを書いてますが
いまだに言葉の難しさを感じながら
書いてます。

自分なりにはめちゃ分かりやすいように
発信してるつもりではありますが、
万人に伝わる訳ではありませんし。

 

でもこの様な言語化力を鍛える習慣を
持ち続ける事が成長につながると
思います。

 

 

 

今日は言葉の話でしたが、
自分で鍛えたいと思っているチカラは
一気に開花することは無いですし、

小さな習慣の積み重ねでしかないと
思います。

 

僕の場合は筋トレもそれに当たります(笑)

 

 

コミュニケーションの力を高めたいなら
それを実践する場が必要ですし、

マーケティングを深く学びたいなら
それこそ学びをアウトプットしなくては
なりません。

 

 

とある本を読んでいて、

「この作家が言いたい事は何か」

という国語の問題に関することが
書かれていたので、
派生してこんな話になりました。

 

読書も習慣ですね。

 

どの様な言葉でどの様な流れでどんな風に
伝えようとしているのか、学べます。

 

 

では今週も楽しめる1週間にしましょう。

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です