成功体験が勝利をさまたげる

 

———————————————————————–

今のリソース(資源)だけで成果が飛躍。
あなたが主役として活躍し続ける伴走型の
コンサルタント

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

ちょっと前、
インテル(CPU)の成功例の
話を書きましたが、今日はパート2。

先に言っておきますと、
インテルには大きく2つの商品が
あります。

①DRAM
②マイクロプロセッサ
(CPUやMPUの事)

 

 

インテルはもともと、
DRAMという半導体メモリの
会社として1970年代に
大成功を収めました。

ですが、
日本企業の生産性と低コスト化が
インテルのDRAMの威力を一気に
下げました。

 

最初は独占に近かったインテルが
競合の猛威に振り落とされそう。

答えが出せずパニック状態に
近かったそうです。

 

 

会議に次ぐ会議を重ねたものの、
今後の戦略をいっさい見出せずに
いた、そんな感じだったとか。

 

 

 

インテルの社員や役員は、
僕とは格段のレベル差がある
天才集団です。

でも、こうなっちゃうんですね。。

 

 

インテルが過去の成功にしがみつき
未来を見いだせなかった理由。

それが、

・DRAMはインテルの技術を
すべて集約した先頭の商品だった

・インテル社内の最強チームが
DRAMを担当していた

・DRAMこそがわが社の
アイデンティティだと経営陣が
信じていた

 

という、いわば

【花形の商品/扱い】だったので
それを崩す考えはできなかった、
そんな感じだったそうです。

 

そりゃそうですよね。

 

あなたの一番の商品/サービスが
もう売れなくなってしまったなら…
同じ考えになりませんか?

僕はきっとそうなると思います。

 

 

でも、
このまま同じ事を続けてたら
ジリ貧になるだけ。

相当苦しかったんだと思います。

 

 

 

 

打つ手なしの時に、
とある役員が役員会でこんな質問を
みんなに投げかけたそうです。

「もし僕らが全員解雇になって、
新しいCEOを連れてきたなら、
そいつは何をするだろうか?」

と。

この質問をした時に、
DRAMという競合まみれの半導体を
ビジネスの軸にする事を思い切って
やめる事ができたそうです。

 

そしてその後はいわゆるCPUで
一気に駆け上がりました。

 

 

 

「古い虎の巻」

を手放す事って本当に難しいと
思います。

誰もが過去の成功例に頼りたいと
思うモノです。

 

でも、大切なのは

「勝利の本質」

がどこにあるのか?

それを考える事だと思います。

 

 

 

過去の成功例。

それは、内外のあらゆる要素が
組み合わさった結果だと思います。

 

過去の成功例を
「きっと~だろう」と、
推測レベルで検証しているのは
とても危険です。

 

 

この様な考えであれば、

「成功体験が勝利をさまたげる」

という事が起こってしまいます。

 

私たちには再現性が必要ですし、
その再現性を高めるためにはやはり
「成功の本質」を捉えておくことが
とても重要だと思います。

 

 

過去の成功に頼ること自体は
悪い事じゃないと思いますが、

しっかりした分析ありきで
考える必要があると思います。

環境は常に変化してますし。

 

 

ダイエットも、
過去と同じやり方でやってても
同じ結果は得られませんよね。
(自分に言い聞かせています)

そもそも、代謝が年齢とともに
落ちてますからね涙

 

 

という事で、
体調管理もお仕事も、
まあ色々がんばりましょう!

 

この様な内容をメルマガで
配信しています。
(登録は下記から)

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です