「先に与える」はホントなのか?

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

 

先週、とある仲良しの方と
お話をしていました。

 

「先に与える」

について。

 

マーケティングではよーーく
言われる事ですね。

 

先に有益な事を提供すれば
やがて自分に返ってくる。

だから情報発信しよう!
みたいな感じです。

 

 

7つの習慣では、
この様に先に与える行為を

「信頼残高を積み上げる」
(performance capability)

みたいな言い方をしています。

 

信頼を積み上げていく事によって
その積み上げた資産から成果が現れる。

そんな感じです。

 

 

 

でも、先に与えるという行為って、

「見返りをなにも期待しない」

から成り立つと思うんです。

 

でも、
マーケティングというモノに対する
考え方が小手先だけになっていると、

「有益なことを先に提供しておけば
見返りがもらえる」

という、

「もらえるありき」の先に与えるに
なってしまいます。

 

 

そんな感覚でいると、

「どこまで与えたらいいの?」とか、

「いろいろ発信しているけど
なんの成果も出てこない…」

「やる意味ないんじゃないの?」

みたいな、間違えた感覚になります。

 

そして、
情報発信に疲れてしまいます。

 

 

 

ノウハウ不要とは言いませんが、
「やり方」というのは、

考え方が整っている前提で学ばないと
大きく踏み外してしまいます。

 

 

僕の周りの素晴らしい経営者さんは、
先に与える事しかしませんし、
見返りなんか、全く求めてません。

だからこそ、
周りに人がたくさん寄ってくるし
商売も潤っているんだと思います。

 

 

 

発信情報を見るだけで、
どの様な感覚で発信しているのかは
見る人が見ればすぐ分かる様です。

 

・奪おうとしている「先に与える」か

・「与えたい」と思う発信か

自戒を込めて書いてるつもりですが、
やはり後者でありたいなと思います。

 

 

 

売上が発生するときは、
必ずその理由があると思います。

売上が先か、
信頼が先か。

売上ありきの行動/言動/思考か。
相手を想った行動/言動/思考か。

 

「この人はどっち向いてるか」

ってのは、
私たちは本能的に感じますよね。

 

 

という、
完全なるあり方の話でした。

 

今週も成長したと言える1週間に

したいですね!

 

良かったら感想くださいね。

https://24auto.biz/hayashida/registp.php?pid=4

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です