それってホントに仕掛けた成果なの?

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

SNSなんかを見ていると、

「ウチはオンライン対応への移行が
スムーズにできたので、
コロナの影響は受けてません」

みたいに書いている人も見ます。

 

一見、さすがだなぁとも思いますが、
自慢げにも見えますね。

 

 

でも実際のところ、
業種によってはオンライン化が
難しい所、カンタンな所があると
僕は思います。

なんでもかんでもオンライン化が
できる訳じゃないですし。
(考え尽くしたらあるでしょうが)

 

 

 

ダーウィンの言う、

————————————–
生き残る種とは、最も強い者ではない。
最も知的なものでもない。
それは変化に最もよく適応した者である
————————————–

こういう事だと思います。

 

 

コロナ影響を受けていない人、
コロナの恩恵を受けている人もいます。

でもこれって、
仕掛けて得たものでは無いのかも
しれません。

 

他にも、
「ちょっとした工夫だけ」で、
オンライン化等の対応ができたので
悪影響を受けていない事もあります。

 

 

僕自身はとてもガンコなので、
変化しなくちゃいけない、という事を
よーく考えさせられます。

 

店舗ビジネスにおいても、
同業種の方々は影響を受けているのに
何の悪影響も受けてない方もいます。

逆に、
オンラインを活用したサービスなのに
コロナの悪影響を受けている方もいます。

 

 

 

自分は状況、環境に応じて
的確に変化ができているだろうか?

こういった自問自答って常に
必要なんじゃないかと思います。

 

自分が1から100まで仕掛けて
出来たモノは、手ごたえ感があります。

でも、
「何となく」とか「ちょっと工夫」等で
上手く行っているなら、
それは『たまたま』でしかありません。

 

 

 

今上手くいってるからと言って、
かまけてはいけないと思います。

周りに感謝するとかは当然ですが、
常に自分を改善し続けることって
必要ではないかと。

 

 

今の状況には、必ず理由があります。

理由が出てこないなら、
それは偶然の産物でしかないですし
再現性のない成果だと思います。

 

 

長期的に繁栄し続けるためには
「たまたま」を可能なかぎり
なくしていきたいですね。

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です