【成功事例】売上は足元に落ちている

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

お試しコンサルティングを
受けられた方から、
成果のご報告をいただきました。

 

お試しコンサルから現在まで、
1カ月と少し。

 

緊急事態宣言が出ている
都心部。

 

外出も全くできない中で、

【契約を3件獲得】

されています。

 

 

まずはご覧ください。

きっと、
全てのビジネスの方にも
参考になる内容だと思います。

(頂いた原文のままです)

↓↓↓↓↓

———————————————

先日は、たいへんお世話になりました。

4月21日に個別コンサルを
受けさせていただきました、
行政書士の〇〇です。

遅くなりましたが、
その後のご報告をさせて頂きます。

 

 

あれから、外出制限もあったので、
ZOOMや電話にて既存のお客さまと
情報交換を続けてきました。

 

ほとんど、
悩みを聞いたり世間話が中心でしたが、
色々とストレスを抱える方も多く、
たくさんのことを話しました。

 

その中で、
お客さまが目をつぶっていたことや、
後回しにしていたこと、
この際だから形にという事で
3件受任いたしました。

 

業務としては、
遺言と法人設立、顧問契約です。

 

 

実は法人設立と顧問契約は
繋がっているのですが、
お付き合いのあった社長のお婿さんの
起業に関する相談からスタートしました。

 

この中で、
社長自身もお婿さんへの支援は惜しみなく
行いたいものの

「社長自身の指示や干渉が多いと、
結果として甘やかしそう」
という親心(?)があったようで、

これを一人で、
どうすべきか考えていたようです。

 

 

ここで、言われたのが
「起業支援をして欲しい」でした。

職業柄、
法人設立ならまだしも起業を通して支援、
その先も顧問という形でアドバイスして
やって欲しいとの依頼にはびっくりしました。

 

理由を聞くと、

「お婿さんとの歳も近いし、
〇〇さんと話していると、
いつも考えが整理されるんだよね。

新しい気づきもあるし、
上から目線もないから、
お婿さんとも話しが合うと思う」

との事でした。

 

ただ、
起業支援そのものには大きな実績が
無いと伝えると、

「構わない、いつもの私の時のように
話しを聞いて整理してやって欲しい」

と言ってくださったのは一番嬉しかったですね。

 

 

ただ、実際にお会いしたことがなく、
安易に受けるわけにはいかないと
思ったので

「大変嬉しいのですが、
会ってお婿さんの意見も聞いてみたいです。
理由は人柄含めて、

実際に私とやっていけると感じて頂けるか、
判断してもらいたい」

と伝えました。

 

その後、何回かZOOMで話してみて、
お互いに納得がいく話し合いができ、
受任に至りました。

 

 

「近所のお兄さんみたいで
何でも相談できそうです」

と言ってくださり、
私の価値観としては嬉しい一言でした。

 

 

最近、気づいたのは

「近所の兄ちゃん(昔からの知り合い)
みたいで話しやすい」

って他の顧問先でも言われることなんです。

 

実は一つの強みなのではないかと
最近思っております。

 

 

もちろん、
付き合ってみないと感じづらいので、
これを武器に集客とかは難しいでしょう。

でも、「難しい」と決めつけはせずに、
可能性は探り続けますし、

より成長させてお客さまのストレスや
悩みを解消できる強みとして昇華させたいと
思っております。

 

 

今回の行動は知識やノウハウも必要ですが、
先ずはそれを活かすマインドを成長させて
いく方が、
成長の近道との思いが強くなりました。

 

 

「動かない天才より行動する馬鹿が勝つ」

って昔読んだマンガを思い出しましたが、
「目新しいこと」といったものに囚われず、
自分の出来ることで貢献していく。

 

そのために多く行動し、反省しながら、
質を上げていくしかないなと思いました。

 

 

林田さまとの個別コンサルという機会から、
実に多くのものを得ることができました。

 

林田さまはもちろんですが、
それ以外の悩んでいる人にも同じように
支援していきたいし、
そんな存在になっていくと強く
決心しております。

 

本当にありがとうございました。

(ココまで)

———————————————

 

成果を出される人って、

「足元に落ちている売上」

にフォーカスされています。

 

逆に、成果が出ない人って、
夢のような出会いを求めてます。
(まるで白馬の王子様を探してる感じ)

 

無いものねだりと、
ありものから探す。
この違いだと思います。

 

 

成果を出される人はいつも、
最初から100点を求めません。

最初は20点、30点レベルでも
スタートしています。

 

最初から60点、70点という
高得点を狙うと、
一歩目の行動が全く進みません。

 

 

 

今回ご紹介させて頂いた方も、
上記の顧問先さんへのサービスを通し

・自分の可能性
・取引先さんの可能性

この2つを知る事になると思います。

 

それと同時に、課題も出てきます。

 

お客さんが求めているモノが分かるので
課題も明確になり、
自分が何を強化していけばよいか
ムダなく見えてきます。
(既に持ってる事も多いです)

 

ニーズに対応するというのは
こういう事じゃないかと思います。

 

 

 

僕はこの仕事をしていて、

・今のサービス形態を変えない
・ビジネスモデルを変えない
・顧客ニーズへの対応が不十分

というケースも多々見てきました。

 

「この方はもっとお客さんに
貢献できるのに・・・」

と見ていて思うのに、
それをやろうとしていない。

 

お客さんが求めているのに、
売り手としての責任を十分に
果たしていないって事だと思います。
(お客さんに失礼です)

 

 

 

自分の可能性、
もっと俯瞰してみる機会を
取ってみるのもよいのでは
ないでしょうか。

 

 

私たちには定期健診も必要です。

 

日々の姿勢の悪さから腰痛や頭痛が
起こるのと同じ様なもんで、

私たちの「思考グセ」が
自分が本来望んでいる姿から
遠ざけている事は多いです。

 

 

「ウチはこれが課題だから」

「私の今の問題はコレだから」

この様に言われる方/社長さんは
多いですが、

それが真の課題ではないケースが
ほとんどです。

 

 

僕は自分のビジネスの定期健診を
受けています。

なので僕は自分がやっている事に
大きな違和感や行き詰まり感を
感じることはありません。

 

 

私たちは感情の生き物なので
こういう事は大切だと思います。

 

 

我流に限界を感じつつある方、
環境を見直してみるのはどうですか?

 

 

追伸:
もし上記の様な体験をしたいなら
下記からご参加下さい。

(お試し相談)
※はじめての方限定※

https://24auto.biz/hayashida/registp.php?pid=15

申込み期限:
6月4日(木)の夜まで

※あと、
「久しぶりにまた継続取引を検討したい」
方もどうぞ。

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です