「先に与えない」がうまく行く

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの林田です。

 

 

この様なご時世であっても
よい状態を保ってられる社長さん、
および起業家の方々がいます。

 

 

マーケティングを勉強すると、

「先に与えましょう」
「先に価値を感じてもらおう」
「そこから興味を持ってもらおう」

みたいな話がよく出ます。

 

でも、、、

上手く言ってる社長/起業家の方々は、

「先に与えていない」

と、見ていて感じます。

 

 

上手くいってる人たちがやってる事を
分かりやすく言いますと、

「与えている」

です。

 

「先に与えている」

じゃないのです。

 

コレはかなり大きい違いが
あると思います。

 

 

「先に与える」

というのは、
いわば何かしらの期待を相手に
持っている状態。

言い換えると、スケベ心です。
(表現が悪くてすいません)

 

スケベ心が頭にチラつくと、

・どこまで言えばいいのかな
・どこまで提供してOKなのかな
・これ以上するとお金もらわないと…

などなど、
寸止めとでも言うのでしょうか、、

どこかしらで線引きをしていて、
いやらしさが出ることもあります。

 

 

この様な情報発信であれば、
一時的には人は群がります。

でも、関係は長く続きません。

 

おいしそうに見せる、
人を引き付ける変なテクニックを
駆使している。

相手はすぐその人の本質を見抜きます。

 

 

 

そして上手く行ってる人たちは、
何の見返りも求めずに

「与える」

だけをやっています。

 

結果、上手く行ってる人の周りには
たくさんの助けてくれる人たちが
集まっています。

 

 

やっている事は「先に与える」
だと思いますが、

そもそもの思考が違う、という事ですかね。

 

 

 

人が集まるところには必ず
何かしらの理由があると思います。

人がすぐ離れるところにも必ず
何かしらの理由があるはずです。

 

人が集まり「続ける」ところにも必ず
何かしらの理由があるはずです。

 

 

自分の周りの人のなかで
上手く行ってる人を観察すると、

この様な新たな共通点が見えるかも
しれないですね。

 

 

 

やり方よりも、考え方。

僕はコレをもっとも大切にしています。

 

 

自分の価値観を大切に生きたいなと
思います。

という事で今日も
楽しい1日にしましょう!

 

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です