お客さんは何に価値を感じてるか?

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

僕はすべてのクライアントさんと
全く同じ接し方をしている訳では
ありません。

これはあなたも私も、
相手によって接し方を変えてるのと
同じですよね。

 

 

そして今月頭、
とあるクライアントさんに
質問させていただきました。

お付き合い開始後、半年くらいの方です。

 

「●●さんが感じてくれている
林田の一番の価値って、何ですか」

なぜこの質問をしたかと言いますと、
このクライアントさんにとっての
僕からの価値を最大化したいからです。

 

で、この様な回答を頂けました。

「いろいろと気付かせてくれたりとか
ありましたけど、一番の価値は
私を信じ切ってくれることです」

 

とてもうれしかったです。

 

同様に、他のクライアントさんにも
この様な質問をした事があります。

 

すると、、、

「従業員に関する相談と、
従業員に言えない話を親身に聞き、
納得いく進め方を考えてくれる事」

「仕事だけじゃなく、
家族の相談ができる事が大きい」

「戦略的に売上を上げる考え方を
教えてくれること」

「お客さんとの関係の作り方を
教えてくれる」

「いつも先を走ってくれる」

「横道にそれている事に気づかせてくれ
いつも根本的な所に戻してくれる」

 

今までにこの様な回答を頂いた事が
あります。
(いいことばかり書いてすいませんw)

 

 

 

という風に、お客さんは

【提供しているモノは一緒なのに
相手によって価値の捉え方がちがう】

という事だと思います。

 

要は、
私の接し方の「特徴」を求めてる人は
誰もいないという事。

クライアントさん個々にとっての
ベネフィットを価値と捉えられている
証拠だと思います。

 

 

 

私たち売り手にとって大切なのは、

「人によって全く価値の捉え方が違う」

という事を知る事だと思います。

 

この価値を知る、知り切る事こそが
お客さんの満足度を上げる事であり、
それが売上を上げる事につながると
思います。

 

 

もちろん僕もまだまだだし、
裸の王様になっている様なところも
多々あると思っています。

ですが大切なことは、
お客さんに耳を傾け続ける事だと
思います。

 

 

 

一度、二度聞いただけで

「うちのお客さんはこうだ」

とヒトまとめにしちゃうのも良くないし、
お客さんの欲求は常に変化するので
その変化を感じる事も大切です。

 

 

お客さんに聞くたびに、

「へぇ~、そうなんだぁ~!」

という新発見があります。

 

答えはお客さんが持ってますね。
売り手が持ってる訳じゃありません。

 

 

こんなご時世ですし、
若干の時間が取れる様になった方も
いると思います。

今一度、
既存のお客さんに耳を傾ける機会を
持ってみてもよいかもしれませんね。

 

では今日も素敵な一日にしましょう!

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です