ロボットの様に働く方法

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

現在行っている
ひとり起業家さん向けの起業塾

「限界突破コンサルタント養成講座」
(第4期)

ですが、来週で終わります。

 

 

今回は、

・参加者さん全員が経済的成果
・半数の方が「初のコンサル契約」獲得
・今回は参加者さん全員、僕よりご年配の方

という状況、成果です。

 

ご年齢もご商売の経歴も先輩にあたる
方々にご参加いただいていたのですが、

みなさまのご協力によって
よい最終回を迎えられそうです。

 

 

これから多くの経営者さんが
さらに幸せになっていただく為の
サポーターとしてご活躍されると
思います。

 

 

あと、、、

しばらくは起業塾と言うモノは
開催しません。

 

来年は個別でサポートさせて頂く事に
集中します。

 

 


 

【ロボットの様に働く方法】

 

変なタイトルを書きましたが、、、

 

ある意味、理想的な働き方かも
しれないですね。

 

僕が22歳の時にとある方から
教えていただいた事です。

 

 

カンタンに言うと、

「自分を2人に分ける」

と言う事です。

 

 

・計画を組む人=マネージャー
・行動する人 =芸能人

と言う風に、
自分を2人に分離します。

 

「計画を組む=考え、手帳に書く」

「行動する人=そのまんま」

です。

 

 

マネージャーに立ててもらった計画を
何も考えず、不平不満もいわずに
とにかく淡々とこなす。

こんな感じです。

 

ちなみに、
僕の起業塾で成果を出された方々は
みなさんこの様な事を実践されています。

 

 

 

できる人は来年度の計画を
今年の秋くらいに綿密に立ててます。

と言う事を教えてもらったので、
僕もそれになぞって計画を立ててます。

 

・来年の目標
・そのためにやる事(タスク)
・タスクを最小化
・そのタスクを時系列で計画に入れる
・バッファ、プランBも考えておく
(敬称略)
・月ごと、日ごとの計画に落とす

 

あと、、、

・仏の心(何も考えない無の状態)で
とにかく行動する!

こんな感じじゃないかと思います。

 

 

 

計画段階で明確であれば、
あとは何も考えずにやるだけです。

完全なるロボット、とはいきませんが
ほぼロボット状態で働ける様に
なります(僕もやってます)。

 

大切なのは、
計画段階で考えるべきことを
考え切っておく!
と言う事かなと。

 

 

 

動けない理由は、

・動く理由が明確になってない
・そもそも目標が明確ではない
・自分の違和感と見つめ合ってない
・計画がザックリすぎ、中途半端
(だから後で思考と行動が交錯する)

などなど、色々あると思います。

 

そんな状態でも計画を立ててみると
何かしらにブチ当たります。

そのぶち当たるものが、
行動を邪魔しているモノだと思います。

 

それに気付けば、
あとはそれに対する対応をするだけ。

 

 

涼しく書いているように
みえるかもしれませんが、
一度やってみると何か見えると思います。

 

 

僕ももう少し来年のカレンダーを
明確にし、仏の様に働けるように
準備しようと思います。

淡々とやる、
コレが最強かもしれないですね。

 

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です