既に1月から忙しくしておく

 

———————————————————————–

「思い込み」という心のブレーキを排除し、
今のリソースであなたの行動/思考/成果の限界を
突破する伴走パートナー

———————————————————————–

わだちコンサルティングの
林田です。

 

 

1月から忙しいです。

 

 

2020年の目標を立て、
それを計画に落とし込み。

 

・2020年実現すること
・2020年売上目標
・売上を作るためにすること

で留まらず、

 

・売上作るためにする事を
実行するために何が必要なのか?

・それを時系列に落とし込む
(〇月に〇〇をする、等)

・それらを後ろ倒しにならず
着実に実行にうつすためには
何をいつまでにやらなければ
いけないのか?

・それらの計画に時間の余裕を入れ
最小限のタスクまで細分化する

・日常の業務(いわゆる第1領域)も
加味して計画を立てる

って感じまでやってみました。

 

 

 

考えながら行動することが
最も時間がかかりますので、

考える事は年内に完了させて
あとは着実に実行するたけです。

 

 

 

自分を焦らせる、とでも言いますか、
自分に強制力を働かせるのって
とっても大切だと思います。

特に、
僕みたいにムラがある人間は汗

 

 

 

タスクを最小化していくと、
今やらなければいけないことが
明確になります。

そして、良い意味で焦れます。

 

 

計画通りにすすまない時は
タスクが最小レベルまでかみ砕く事が
出来ていない状態だと思います。

なので、直前で焦ってしまったり
後ろ倒しになったりします。

 

 

 

僕自身、
何をすすめて行きたいかと考えると、

「緊急性はないけど重要なタスク」

いわゆる第2領域の仕事です。

 

コレが着実にすすめられたら
目標と大きくズレる事なないと
思います。

 

 

 

僕なりですが、
第2領域の仕事を入れるときの
ルールを設けています。

 

そのルールのうちの1つで

「新しいタスクは1ヵ月3つまで」

と言うのもあります。

 

このルールをもとに1年間の計画を
立てると、無茶な計画になりません。

 

 

ってな感じでやっていくと、
この12月内にも完了しなければ
いけないタスクが1つ出てきました。

 

 

 

計画を立てるときは、

・感情任せにしない
・身の丈を考えた計画にする
・小さなご褒美をセットにする

など、自分なりのルールを持つ事で
より実現に近づくんじゃないかと
思います。

 

 

どうせ1月はウォームアップで
時間が掛かりますし、

最初から着実にこなせそうな
目標を立てておきたいですね。

 

 

と言う事で
今日も素晴らしい1日を
お過ごし下さいませ。

 

 

無料メールマガジンのご登録はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です